今年の夏こそ、 憧れの隠れ家ビーチ リゾートでのんびりする!

カテゴリー/ GOURMET |投稿者/ Gouret&Traveller
2016年11月08日

詳細はこちら

フィノール  (Finolhu) モルディブ

Finolhu - Sandbank and Beach Club Aerial View 1

Finolhu - 2 Bedroom Water Villa with Pool 1

インド洋の楽園、フィノールは、モルディブのユネスコ生物保護区、バア環礁にあります。マーレ国際空港から水上飛行機でわずか30分、飛行機から海を見下ろしていると、あっという間にフィノールに到着します。また、バア環礁にあるダラヴァンドゥー空港まで国内便で30分ののちスピードボートで30分というルートも使えて便利です。姉妹リゾートのアミラフシまではボートで30分です。

125棟からなるフィノールのヴィラはまさに圧巻! 水上、プライベートビーチ付き、1ベッドルームおよび2ベッドルームのオプション、プライベートプール付きのチョイスなど、ゲストにとって理想のセッティングが見つかるはず。

Finolhu - Baa Baa Beach Diner Main Restaurant Chefs 1

Finolhu - 2 Bedroom Beach Pool Villa 3

グルメの数々も見逃せません。なかでも常ににぎわいを見せているのが、“ダイニングとドリンクの中心”ともいえる「バア・バア・ビーチクラブ」です。昼間はのんびりと、夜はグルービーに、一日を通してダイニングを楽しむことができます。
ビーチで最高のシーフードやベジタブルプレートを味わうなら「フィッシュ&クラブ・シャック」がおすすめです。長さ1.8キロにもおよぶ美しい砂州の中間地点に位置しており、ロケーションも抜群。またインド洋の絶景とアジアンテイストのコンビネーションが絶妙な雰囲気のレストラン「カヌサン」は“インスタ映え”スポット。海の上のバーに加え、リラックスした屋内スペースや戸外のウォーターデッキで味わう「唯一無二の食事」は忘れられない思い出となるでしょう。
ダイビングやシュノーケリングを楽しめる「マリーン・ハブ」では、専門スタッフがリゾートの周辺の海でしか見ることのできないスポットや海の生物に出会えるエリアに案内してくれます。
スリル満点の「サンダーボール」はアクション好きのゲストにピッタリ。ジェットスキーやパラセイリングなどのマリーンスポーツを幅広く楽しむことができます。

 

 

レレワトゥ・リゾート・スンバ(Lelewatu Resort Sumba)- インドネシア、スンバ島

97748529-H1-Lagoon_Deck-Exterior

95507171-H1-One_Bedroom_Hanging_Villa_Bedroom__(1)

2019年4月開業したばかりのリゾート。インドネシアの群島のひとつであるスンバ島は、まだ広く知られていない天国のようなトロピカル・アイランドで、人里離れた手付かずのビーチ、世界最高クラスのサーフ、青々と茂るジャングル、そして豊かな文化が人々を魅了します。
プライベート・ラグーンとインド洋を一望できるクリフサイドに建つこのホテルが、レレワトゥ・リゾートです。10エーカーの土地に点在する27棟のラグジュアリーなヴィラには、スンバ島の木材や手織りのイカット生地を使用したインテリア、大理石でできた屋内のバスタブ、さらにプライベートプールが完備されています。

ゲストはリゾート内2つの美食レストランにてローカルフードを堪能し、「マラガ・スパ」で贅沢な時間を過ごすことができます。
ヨガや乗馬、トレッキング、そして美しい海岸線や伝統を色濃く残す村々、聖なる湖や滝を巡るツアーなど、数々のアクティビティを満喫することができます。 
レレワトゥ・リゾート・スンバでの滞在は、1泊1室(ヴィラ)US$910より。

 

 

エスパシオ・ザ・ジョエル・オブ・ワイキキ(ESPACIO THE JEWEL OF WAIKIKI ) ハワイ

 

ESPACIO_Balcony

2019年6月、ハワイホノルルのワイキキにオープン、9室のスイートルームしかない全室オーシャンフロントのブティックホテルです。これまでにはなかったほどの贅をつくした空間とサービスで、ハワイの頂点に立つラグジュアリーホテル。セレブ御用達になることは必至でしょう。スタイル、デザイン性、ホスピタリティ、トータルで最高峰となりました。9フロアのみのホテルはワンフロア全体が一室となっており、それぞれ邸宅のような仕様となっています。ゲストだけに特別に用意されたエクスクルーシブサービスとセキュリティ、十分経験を積んだ専用バトラーが各ゲストにつき、どんな要望にも応えます。たとえば、発売前のハワイの文学書を用意したり、アーティストをプライベートに訪問したり、珍しい食材を使った料理のレッスンを受けたり、新しい映画を封切り前にみる、などということにも対応可能です。

 

 

 

ESPACIO_Dining Room + Living Room

部屋の消灯や温度調整などはすべてipodが行います。チェックイン、チェックアウトも好きな時間にできます。
2250スクゥエアフィートもの広さに3ベッドルームと3バスルーム。室内はそれぞれのインテリアデザインが施され、イタリアの大理石やモロッコのハンドメイドのシャンデリアが使われています。
テラスには、スパのようなレイアウトのバスルームにはジャクージやプライベートサウナが備え付けられ、アメニティーにはブルガリが置かれています。

レストランは、ジェイソン・ヤマグチ・シェフによる和フレンチ「Mugen」。食材は世界中から最高のものが運ばれ、魚介は豊洲市場から毎日届きます。

なかなか入手できないウイスキーやハイエンドの日本酒、DRCのワインなどが用意されています。ルーフトップのジャクジーはハワイ最高の景観が眺められます。一室US$5000より。

 

 

 

 

 

 

 

 

観光局、宿泊施設などとの協賛企画、広告、スポンサーを随時募集しております。
雑誌、書籍などグルメと旅の企画執筆、旅程、宿、レストランなどのコンサルティングもお気軽にお問合せください。
問い合わせ先:agenceparis@groumet-traveller.com

Copyright © 2019 groumet-traveller,all Rights Reserved.
記事・写真などの無断転載は禁じられています。

Top