3000円台までのリーズナブルな贅沢ランチ⑭本場スリランカのヘルシーフード「バンダラ ランカ 」

カテゴリー/ GOURMET |投稿者/ Gouret&Traveller
2019年06月09日

バンダラ ランカ(BANDARALANKA)

IMG_8125IMG_8129

IMG_8194

2019年10月に四ッ谷左門町にオープンしてから、あっという間に人気店になったスリランカ料理店「バンダラ ランカ」。閑静な住宅街にあるアートギャラリーに併設されており、ランチタイムには行列ができている。ヨーロッパのようなレンガ造りの風格ある建物の一階で、スリランカと日本のカルチャーが融合。エントランスを抜け、店の扉を開けると、右にテラス、左には2階まで吹き抜けの高い天井に大きな窓と開放感たっぷり。2階席もあり、ゆったり会話と食事を楽しめる広々とした空間が広がる。さまざまなシチュエーションに対応できそうな落ち着いた空間だ。ペット同伴OKのテラス席には、コンクリートの大きな水槽に立派な錦鯉が何匹も泳いでおり、インスタ映えも抜群。観賞のみならず、販売もしているという。

 

 

 

 

IMG_8139

オーナーシェフのバンダラさんが日本に来たのは2002年。日本学校に語学留学するためだった。スリランカでは、ホテル勤務で、日本の文化に興味を持った。日本語を習得してからは、ホテルスクールでマネジメントを勉強。コンラッド東京、ペニンシュラ、リッツカールトン東京などで仕事をし、日本のホスピタリティーを学んだ。スリランカの実家は紅茶畑で、ハーブや野菜を育てていたこともあり、子供の頃から畑仕事や料理に親しんでいた。
「ホテル勤務の頃から日本にスリランカのヘルシーメニューを知ってもらえる店を出したいと物件を探していたんです。仕事の合間にスリランカ料理のイベントなどを開いていたのですが、希望通りのこの店が見つかってからは、試行錯誤の末、スリランカの本場同様カレービュッフェスタイルにすることにしました」。

 

 

 

 

IMG_8215

IMG_8197

毎日12種類から15種類のカレーを用意する。大根や春菊など日本の素材も使うが、スリランカと同じスパイス使いで、本場の味を踏襲している。
日本の「薬膳」にも共通するスリランカの「スパイス」が効いたヘルシー料理。ココナッツミルクの甘い香りとセイロンシナモンの香りが溶け合う。

 

 

IMG_8204優しい味のスリランカ・オリジナルのお米はクオリティの高いレッドライス。赤い皮の部分に栄養が豊富に含まれている。現地では昔から、力をつけるために朝食によく食べられているという。そして、タイのターメリックライスか添えられる。

 

 

 

IMG_8198豆せんべい、パパダムは皮が厚く塩味。パリップ(スリランカ式豆カレー)は豆感の残る、ほくほくのレンズ豆の食感。
チキンカレー、大根カレー、じゃがいもカレーなど、ほどよいピリ辛感が香りをギュッと引き締める。多彩なスパイスで作った数種類のスリランカカレーをはじめ、バナナの花炒めなど日本ではなかなか食べることができない味。ココナッツのふりかけのポルサンボルやツナパハ(スリランカ式ミックススパイス)などで本場の味を再現する。

 

 

 

IMG_8167

 

 

IMG_8217 デザートはココナッツケーキ&ワタラッパン。ワタラッパンは、黒砂糖とココナツミルク、ナツメグ、卵を使ったスリランカでポピュラーなお菓子だ。

世界三大銘茶にも数えられる、スリランカの高地ウバ州で生産される高級茶をバンダラさん自らていねいに淹れる。ほかにも、ディンブラ、ヌワラエリアなどの紅茶が日によってふるまわれる。

 

 

 

 

 

 

IMG_8182ココナッツの花から作る蒸留酒アラックやライオンビールなど本場のドリンクもスリランカ好きにはたまらない。ハウスワインは南アフリカのものを出している。カレーのテイクアウトやセイロンティーの物販もある。

 

ひとりひとりのゲストにブュッフェに並ぶ料理を流暢な日本語で説明するバンダラさんの温かいおもてなしのファンになるリピーターも多い。

スリランカの食文化に触れたあとには異なる5つのギャラリー空間を持つアートの複合施設として2007年から続くセンターのカルチャー散歩も楽しめそうだ。

 

 

 

 

IMG_4704

 

 

 

 

 

 

バンダラ  ランカ

東京都新宿区大京町12-9 アートコンプレックスセンター1F
03-6883-9607
東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅 徒歩8分
JR総武線 信濃町駅 徒歩8分
「四谷三丁目駅」出口より徒歩8分
【 火~日・祝・祝前】 ランチ 11:00~14:00 (L.O.14:00)
【 火~日・祝・祝前】 ディナー 17:00~21:30 (L.O.21:00)
月曜日休み
■平日ランチビュッフェ 1,800円
■土日祝ランチビュッフェ 2,000円
■ティータイム
・プレーンティー 600円
・ロイヤルミルクティー 700円
・スリランカのデザートと紅茶のセット 1,000円
夜は5名以上の予約のみ。

 

 

リーズナブルな贅沢ランチ⑭バンダラ ランカ
リーズナブルな贅沢ランチ⑬老四川 飄香小院

リーズナブルな贅沢ランチ⑫セ シュエット
リーズナブルな贅沢ランチ⑪OHAR ET CIE
リーズナブルな贅沢ランチ⑩ギンザトトキ
リーズナブルな贅沢ランチ⑨ラドニス
リーズナブルな贅沢ランチ⑧ラ・ボンヌ・ターブル
リーズナブルな贅沢ランチ⑦レストラン タニ
リーズナブルな贅沢ランチ⑥レ・コパン ドゥ ドミニク・ブシェ
リーズナブルな贅沢ランチ⑤ラ・トルチュ
リーズナブルな贅沢ランチ④リストランテ・ホンダ
リーズナブルな贅沢ランチ③表参道バンブー
リーズナブルな贅沢ランチ②カフェbyアマン
リーズナブルな贅沢ランチ① ビストロ マルクス

観光局、宿泊施設などとの協賛企画、広告、スポンサーを随時募集しております。
雑誌、書籍などグルメと旅の企画執筆、旅程、宿、レストランなどのコンサルティングもお気軽にお問合せください。
問い合わせ先:agenceparis@groumet-traveller.com

Copyright © 2019 groumet-traveller,all Rights Reserved.
記事・写真などの無断転載は禁じられています。

Top