「レター プレス レターズ」ランチと焼き菓子のカフェは活版印刷工房

カテゴリー/ GOURMET |投稿者/ Gouret&Traveller
2019年08月06日

Letterpress Letters (レター プレス レターズ)

IMG_5053

富ヶ谷にあるカフェ、Letterpress Letter。代々木八幡から10分、東大駒場前から15分と、決してアクセスはよくないこのカフェがひそかに人気を呼んでいる。もともとは、食を中心に幅広い分野のエディトリアルデザインを手がける「細山田デザイン事務所」のオフィスのミーティングスペースを兼ねた社員食堂だった。いまも、夜は、社員のためにローテーションで料理家がやってきては、贅沢なディナーを楽しんでいる。センスあるメニューの数々は、レシピ本としても出版された。

 

 

 

 

IMG_5059

そんなLetterpress Letterがカフェとして一般に開放された。料理やお菓子を担当するのは、田村亜弥さん。そもそも外資系化粧品会社のマーケティングを担当し、パリ本社に5年弱、シンガポールに2年、海外での仕事経験を持つエリートだ。5歳だった娘さんを連れて単身赴任したというがんばり屋さん。パリのカフェで食べることができるようなチキンのロティやじゃがいもの料理、パルマンティエなどを提供している。

子供の頃から料理が好きだったという田村さんは、忙しい業務の間、コルドンブルーに毎週末通い、卒業。子供も大きくなり、このお店をオープンした。

ランチは日替わりで4種類、お菓子は焼き菓子、タルト3種類とパウンドケーキ3〜4種類。コーヒーはオーストラリアの人気ブランドのシグネチャーブレンド、シングル O(オー) 。苦味と酸味がきいたコーヒーだ。
田村さんは、事務所が立ち上げた活版印刷のブランド〈レタープレスレターズ〉のディレクターでもある。店内ではヴィンテージの活版印刷機で作ったカードも販売。今後は活版印刷のワークショップなども開催する予定。

 

 

 


人気のタルト2種。430円

IMG_5055

アーモンドタルト
ココナッツの縁どりがあり、中にラズベリーのピュレを入れた。アーモンドクリームを投入する前にローストしたココナツを敷く。

 

 

 

 

IMG_5057

チョコレートタルト
パートシュクレ、ヘーゼルナッツをから煎りして粉砕したもの、真ん中がヘーゼルナッツとカスタードクリーム、その上のタルト生地にノルマンディーの岩塩で構成。

 

 

 

 

IMG_5058

パウンドケーキは3〜4種類。380円。
マジパンペースト、バターが練りこんである。アールグレイ味は、葉がそのまま入れてある。三温糖とざらめでカリッと素朴な感じを出したタイプも。

 

 

 

 

IMG_5054

Letterpresspress Letters
東京都渋谷区富ケ谷2-20-2
03-6407-0015
水曜から土曜 8:00〜17:00

 

観光局、宿泊施設などとの協賛企画、広告、スポンサーを随時募集しております。
雑誌、書籍などグルメと旅の企画執筆、旅程、宿、レストランなどのコンサルティングもお気軽にお問合せください。
問い合わせ先:agenceparis@groumet-traveller.com

Copyright © 2019 groumet-traveller,all Rights Reserved.
記事・写真などの無断転載は禁じられています。

Top