「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」名門一族の世界屈指のコレクション

カテゴリー/ VISIT |投稿者/ Gouret&Traveller
2019年10月19日

 

IMG_6157ディエゴ・ベラスケス《青いドレスの王女マルガリータ・テレサ》 1659年 油彩、カンヴァス 126×106cm ウィーン美術史美術館蔵 Kunsthistorisches Museum Wien

日本とオーストリアの友好150周年を記念して、「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」が、国立西洋美術館にて10月19日(土)から2020年1月26日(日)まで開催されている。

13世紀末にオーストリアへ進出後勢力を拡大し、広大な帝国を築き上げたハプスブルク家。皇帝や大公の多くが美術品の収集に情熱を注いだ。豊かな財力から、質・量ともに世界屈指のコレクションを築く。その多くの収集品は、ハプスブルク家最後の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が1891年に開館したウィーン美術史美術館に所蔵された。本展はそのウィーン美術史美術館の協力のもと、絵画を中心に版画、工芸品、タペストリー、武具など100点の展示から華麗なるハプスブルク家のコレクションの歴史をひもとく。

 

 

 

 

IMG_8940

展示は全5章で構成される。第1章は「ハプスブルク家のコレクションの始まり」。15世紀後半から16世紀に神聖ローマ皇帝となったマクシミリアン1世と、オーストリア大公フェルディナント2世ゆかりの絵画や武具を展示する。肖像画や工芸品のほか、一門の系譜を示す重要なツールであった肖像画のほか、「中世最後の騎士」と呼ばれた皇帝が着用した日本ではなかなか見ることのできない甲冑コレクションに注目したい。

第2章は、「ルドルフ2世とプラハの宮廷」。同家の最も重要なコレクターのひとりであるルドルフ2世が集めた、デューラー、ホルツィウスの作品や、精巧な細工が施された工芸品が展示される。

 

 

 

 

IMG_6159ヤン・ブリューゲル(父)《堕罪の場面のある楽園の風景》 1612/13年頃 油彩、板 52×83.5cm ブダペスト国立西洋美術館蔵 Szépművészeti Múzeum/ Museum of Fine Arts, Budapest

第3章は、「コレクションの黄金時代:17世紀における偉大な収集」。ベラスケスを宮廷画家として招いたハプスブルク・スペイン家から贈られた作品、フィレンツェ派作品の収集に努めたオーストリア大公のフェルディナント・カール、そして今日の美術史美術館絵画館の礎を築いた、ネーデルラント総督レオポルト・ヴィルヘルムのコレクションを紹介。ベラスケス、ヤン・ブリューゲル(父)、ティツィアーノ、ルーベンス、レンブラントなど、ヨーロッパ各地の巨匠たちの作品が並ぶ。見どころは、ベラスケス晩年の傑作《青いドレスの王女マルガリータ・テレサ》(1659)。ハプスブルク家は16世紀半ば、オーストラリア系とスペイン系に分裂し肖像画を交換して近況を知らせあった。ベラスケスは、マルガリータ・テレサの肖像を5枚描いているが、スペインとオーストリアの両ハプスブルク家を結ぶ政略結婚を進めるための「見合い写真」としての意味をもっていたという。

 

 

 

IMG_6151マリー・ルイーズ・エリザベト・ヴィジェ=ルブラン《フランス王妃マリー・アントワネットの肖像》 1778年 油彩、カンヴァス 273×193.5cm ウィーン美術史美術館蔵 Kunsthistorisches Museum Wien

第4章「18世紀におけるハプスブルク家と帝室ギャラリー」では、女帝として広大な領土を統治したマリア・テレジアや、その末娘でフランス王妃となったマリー・アントワネット、神聖ローマ帝国最後の皇帝で、オーストリア帝国初代皇帝でもあるフランツなど歴史上名高いハプスブルク家の肖像画を展示する。

5章では、第一次大戦後、ハプスブルク帝国が敗戦により崩壊。最後の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と、その妃エリザベトの肖像画やゆかりの品々を紹介する。

 

 

日本・オーストリア友好150周年記念 ハプスブルク展
600年にわたる帝国コレクションの歴史
2019年10月19日〜2020年1月26日

国立西洋美術館
東京都台東区上野公園7-7

03-5777-8600 
9:30〜17:30(金土〜20:00、ただし11月30日は〜17:30) ※入館は閉館の30分前まで 

休館:月曜(ただし11月4日、1月13日は開館)、11月5日、12月28日〜1月1日、1月14日

一般 1700円 / 大学生 1100円 / 高校生 700円 / 中学生以下無料

https://habsburg2019.jp/

観光局、宿泊施設などとの協賛企画、広告、スポンサーを随時募集しております。
雑誌、書籍などグルメと旅の企画執筆、旅程、宿、レストランなどのコンサルティングもお気軽にお問合せください。
問い合わせ先:agenceparis@groumet-traveller.com

Copyright © 2019 groumet-traveller,all Rights Reserved.
記事・写真などの無断転載は禁じられています。

Top