パリの隠れ家ホテル⑨「オテル・オリジナル」ミステリアスな世界が広がるマレのデザイナーズ・ホテル

カテゴリー/ PARIS |投稿者/ Gouret&Traveller
2017年05月08日

Hôtel Original オテル・オリジナル

マレ地区 ★★★★  163ユーロ〜

 

original 2

バスティーユ広場とヴォージュ広場のほぼ中間に位置するデザインホテル。レディス・メンズファッションから雑貨まで、幅広い分野で活躍しているデザイナー、ステラ・カデンテがデザインを担当。ミステリアスで魔法の森のような世界が広がっています。ステラ・カデンテのトレードマークである流れ星が描かれた外壁は、鮮やかな紫がかった鮮やかなブルー。レセプションや階段も同系の色でまとめられています。

 

original 3

一方、朝食やバールームとなるサロンは、穏やかなベージュやグレーに包まれて、落ち着ける空間です。凝ったデザインの部屋から外に出て、ゆったりと食事を楽しめそうです。

 

original 4
original 5

客室も部屋ごとに異なる内装で、さまざまな物語を表現しています。たとえば“ジョーカー”と名づけられたダブルルームは、トランプのマークに赤、黒、白の3色でまとめたエレガントかつセクシーな部屋。“魔法の森 ブルー”(エクゼクティブ)は田舎の家のイメージで、ブルーの壁にきらきら光るモザイク、茶系のカーテンやファブリックが組み合わされたインテリア。ベッドの横にバスルームが置かれています。同様のデザインで、黄色でまとめられた部屋も用意されています。

 

original 6

エクゼクティブ・ルームの“レーヌ・ドゥ・クリスタル(クリスタルの王妃)”は真っ白な空間で、アンデルセンの世界を表現。雪の世界にいるようなまぶしいほどの煌めきのなか、どんな夢が見られるのでしょう。

 

original 7
“オー・メルヴェイユ”(クワドループル)”は『不思議の国のアリス』などの作者ルイス・キャロルの世界がテーマ。紫や黒、赤、淡い紫を基調にして、壁にかかった動物のオブジェが物語の世界へといざないます。

 

original 8
最上階の屋根裏には7室のシングルルームがあり、こちらは“七つの贖罪”を表した内装。窓からはパリらしい風景が広がります。バスタブから見おろすバリの町並は格別の眺めです。

 

original 9モノクロのタイルが敷かれた廊下、ブルーの淡い光に照らされた階段など、ホテルの隅々まで色や光が計算されています。ホテルのあちこちに、さまざまな物語が隠されているようです。

 

 

Hôtel Original オテル・オリジナル
住所:8  boulevard Beaumarchais,  75011 Paris
TEL :  +33(0) 1 47 00 91 50
E mail:info@hoteloriginalparis.com
http://www.hoteloriginalparis.com/

アクセス   地下鉄①⑤⑧Bastille
シャルル・ド・ゴール国際空港から26km(車で約40分)
チェックイン 14 :00/チェックアウト 12:00
客室数:38

シングル Single 163€ ~
ダブル Double 209€ ~
エクゼクティブ Executive  229€~
クアドループル Quadruple 440€~

朝食:ブッフェ 24€

施設:
冷暖房:完備
エレベーター:あり
ミニバー:あり
セキュリティーボックス:あり
ルームサービス:あり
インターネット接続:無料WIFI
テレビ:あり
アメニティー:シャンプー、リンス、シャワージェル、ボディクリーム、石けん
ランドリーサービス:あり

全室禁煙

 

周辺情報

約150m南にはバスティーユ広場、西には観光客にも人気のマレ地区が広がります。ホテルのあるボーマルシェ大通りを北に500m北に歩けば、パリのトレンドの発信地ともいえるセレクトショップ「メルシー」があります。

 

★スポット

☆バスティーユ広場 Place Bastille 、オペラ・バスティーユ Opéra de la Bastille

1789年、フランス革命の発端となったバスティーユ牢獄襲撃が起こった場所。いまは牢獄の跡は残っていませんが、広場の中央には、1833年に設置された革命記念像が立っています。オペラ・バスティーユは、フランス革命200周年を記念して建てられたもので、オペラや管弦楽の公演が行われています。

 

☆ヴォージュ広場   Place des Vosges

1912年、アンリ四世が造らせたパリでもっとも古い広場。美しいアーケードがあるレンガ造りの建物に囲まれています。6番地はヴィクトル・ユーゴーが住んでいたアパルトマンがあり、博物館として公開されています。

 

☆カルナヴァレ博物館 Musée Carnavalet   -23 Rue de Sévigné, 75003 

パリ市の歴史を紹介する博物館。建物は、1548年に建てられたルネサンス様式のカルナヴァレ館と、1688年に建造されたル・プルティエ・ド・サン=ファルジョー館の2つの館で構成されています。

 

☆ピカソ美術館   -5 rue de Thorigny, 75003

パブロ・ピカソの絵画、彫刻、デッサン、書簡などを紹介。現在工事中で閉館していますが、2014年6月に再オープン予定。

 

★フード

☆ランブロワジー -9 Place des Vosges, 75004 

1986年に創業、1988年から3つ星を守り続けているレストラン。クラシックな内装でフランス料理を堪能できます。

 

☆カレット Carette  -25 Place des Vosges, 75003

16区に本店があるサロン・ド・テの2号店。パティスリーやヴィエノワズリーが評判。テイクアウトもできます。

 

☆マレ地区のユダヤ料理

マレ地区はユダヤ人街としても知られていますので、ユダヤ料理を楽しむのもいいでしょう。サンドイッチ“ファラレル”、惣菜、チーズケーキ、ベーグルなどを売っているお店はrue des Rosiers, rue Pavée, rue des Hospitalières Saint-Gervais周辺に軒を連ねています。

 

TEXT Chiaki Mitomi 

パリの隠れ家ホテル⑪レ・プリュム・ホテル
パリの隠れ家ホテル⑩ヨーテル
パリの隠れ家ホテル⑨オテル・オリジナル
パリの隠れ家ホテル⑧レジデンス・ネル
パリの隠れ家ホテル⑦ ル・ホテル・マルセル
パリの隠れ家ホテル⑥ レジェンド・ホテル
パリの隠れ家ホテル⑤ オテル・クレヨン
パリの隠れ家ホテル④ ホテル・ファブリック
パリの隠れ家ホテル③ ホテル・デ・サン・ペール
パリの隠れ家ホテル② ヴィス・ヴェルサ
パリの隠れ家ホテル① ヒドゥン・ホテル

 

観光局、宿泊施設などとの協賛企画、広告、スポンサーを随時募集しております。
雑誌、書籍などグルメと旅の企画執筆、旅程、宿、レストランなどのコンサルティングもお気軽にお問合せください。
問い合わせ先:agenceparis@groumet-traveller.com

Copyright © 2018 groumet-traveller,all Rights Reserved.
記事・写真などの無断転載は禁じられています。

Top