3000円台までのリーズナブルな贅沢ランチ④和中仏を織り交ぜたイタリアン「リストランテ ホンダ」

カテゴリー/ GOURMET |投稿者/ Gouret&Traveller
2017年07月27日

3000円台までのコースメニューで、味、雰囲気、サービスと3拍子揃った良心的なレストランをピックアップする連載「3000円台までのリーズナブルな贅沢ランチ」、第4回目は、イタリアとフランスで修業し、フレンチの要素も加えた美しく個性豊かなイタリア料理店「リストランテ ホンダ」のプリフィクス3,500円のランチコースをご紹介します。

 

リストランテ ホンダ

IMG_7100

イタリアとフランスで修業経験がある本多哲也シェフ。イタリアンの原点を守りながらも、フレンチの要素も備え、日本料理や中華のニュアンスも織り交ぜた洗練されたイタリア料理である。
外苑西通りの路地を入るとすぐ、遠慮がちに掲げられた赤い看板を見つける。ドアを開けるとシックで落ち着いたインテリアに(改装予定で  8月16日から9月10日まで休業)、料理はもとより物腰の柔らかい本多シェフのファンが集う親密な雰囲気が漂っている。国内産にこだわる素材本来の個性を引き出すひと皿のなかに、香り、食感、色彩のさまざまなグラデーションを感じる、繊細でありながらも大胆な食材の使い方に定評がある。イタリア産をメインに200種ほど常時揃えるワインセラーも充実している。

 

 

 

 

IMG_7105

本多シェフは、日本のイタリア料理の黎明期、ブームの先駆けとして伝説的なイタリア料理店「トゥーリオ」から修行を始めた。まだ西洋料理といえばフランス料理だった時代、専門学校ではフレンチの基礎を学んでいた。おいしいスパゲティが食べたいがために、97年にイタリアに渡る。イタリアの三つ星レストラン「アンティカ・オステリア・デル・ポンテ本店」ほかで修業を積み、イタリア全土を巡ったあと、オファーを受け、フランスへ。考え方やテクニックの違いを学び、あらためてイタリア料理と正面から向き合う決意を固める。99年に帰国後、名店「リストランテ  アルポルト」にて副料理長を務め、04年に「リストランテ ホンダ」をオープン。クラシックなイタリア料理のテクニックを分解して、あらたに組み立て直し、時代に添ったアレンジを加える。その真摯な思いが反映されたオリジナリティ溢れる料理には魅了されずにいられない。

 

 

 

 

鯵と茄子のカルパッチョ オクラとアスパラソバージュ、和布蕪(メカブ)とともに

IMG_7101

季節の食材を一番おいしい時期に出す。鯵や水茄子も今がベスト。茄子の素揚げをコンソメで煮てゼラチンを入れ、三枚におろしたアジを一本の形にもどした筒状の形「ロンド」。茄子の中に三枚におろした鯵を昆布でしめて挟む。ケッパーの酸味と塩気にレモンの果実の酸味を加える。和食の感覚を取り入れ、旬のネバネバ系野菜を使い、海の納豆、和布蕪をサラダの代わりに添える。日本の夏に涼やかさを感じる前菜。オリーブオイルを使わない「和のつなぎ」が個性的な一品。

 

 

 


瀬戸内産 宝韶寿レモンとパルミジャーノのスパゲッティ 花山椒の香り

IMG_7102

イタリアの乾麺を使ったレモンスパゲティ。果物として品種改良されたため酸味が少なく、皮ごと食べられるという広島産の宝韶寿レモンを選ぶ。水と蜂蜜のシロップで少し甘みを出して口当たりをまろやかにし、パルミジャーノで食感を締める。コクのあるバターとパルメザンチーズのあとに心地よく花山椒が香る。

 

 

 

 

仔羊のポルペッティーノ  ズッキーニとスカモルツァチーズとともに

IMG_7103

仔羊が旬の夏、ハッシュ・ダニョーの挽肉は少し食感が残る程度に信頼する肉屋さんで挽いてもらう。ズッキーニ二色をカレーとトマト味で夏向けにスパイスを効かせて。黄色と緑の色違いのズッキーニをソテーしてガラマサダをふり、スカモルツァのアミカートの薫香でエキゾチックなひと皿を盛り上げる。

 

 

 

 

アメリカンチェリーのシブースト シナモンのジェラートとともに

IMG_7104

アメリカンチェリーとリコッタチーズを使ったシブースト。とろりと煮たりんごの代わりに季節のアメリカンチェリーが甘さ控えめに配され、砂糖を焦がしたカソナードとともに大人の味わいに。

 

 

 

 

Ristrante Honda  (リストランテ・ホンダ)       3500円+税・サービス

03-5414-3723

IMG_7099東京都港区北青山2-12-35 小島ビル1F
12:00〜14:00L.O./18:00~22:00L.O.
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
東京メトロ銀座線外苑前駅より徒歩5分。

http://ristorantehonda.jp/

 

 

 

リーズナブルな贅沢ランチ⑪OHAR ET CIE
リーズナブルな贅沢ランチ⑩ギンザトトキ
リーズナブルな贅沢ランチ⑨ラドニス
リーズナブルな贅沢ランチ⑧ラ・ボンヌ・ターブル
リーズナブルな贅沢ランチ⑦レストラン タニ
リーズナブルな贅沢ランチ⑥レ・コパン ドゥ ドミニク・ブシェ
リーズナブルな贅沢ランチ⑤ラ・トルチュ
リーズナブルな贅沢ランチ④リストランテ・ホンダ
リーズナブルな贅沢ランチ③表参道バンブー
リーズナブルな贅沢ランチ②カフェbyアマン
リーズナブルな贅沢ランチ① ビストロ マルクス

 

観光局、宿泊施設などとの協賛企画、広告、スポンサーを随時募集しております。
雑誌、書籍などグルメと旅の企画執筆、旅程、宿、レストランなどのコンサルティングもお気軽にお問合せください。
問い合わせ先:agenceparis@groumet-traveller.com

Copyright © 2018 groumet-traveller,all Rights Reserved.
記事・写真などの無断転載は禁じられています。

Top