輝く女性インタビュー⑧中村江里子さん パリの美容法 キックボクシング

カテゴリー/ PARIS |投稿者/ Gouret&Traveller
2018年04月18日

輝く女性インタビュー⑧

中村江里子さん (フリーアナウンサー)

IMG_9054

中村江里子さんインタビュー前半はこちらから

キックボクシングで体幹を鍛える

18歳まで水泳部でもともと体育会系。大学生になって水泳をやめてからは、スキーを始めましたが、膝を痛めてスローペースに。それ以来、体を動かすことのないままに。40歳になったとき、何かしないといけないと感じ、思いっきり体を使ってストレスも発散できるものはないかと探していたんです。漠然とキックボクシングが楽しそう、と思ってジムを探し始めましたが、ちょうど3人目の妊娠が分かり、また落ち着いたら・・とあきらめました。

去年の春ぐらいに「今、長く付き合うこの体のために運動を始めなければ!!」と焦りに似た思いで本格的にキックボクシングのジムを探していたところ・・・なんとアパルトマンの上に住んでいる仲良しファミリーががたまたまキックボクシングをやっていたことが判明。試してみる? と聞かれて、トレーナーに来ていただいたら初回からすっかりはまってしまいました。

スタートしたのが去年の5月末ですから、まだ1年経っていないのですが、腕も足も強くなっているという感覚があります。道で急に襲われても応戦できるし(笑)、一石二鳥だからと長女も始めました。フランスはマッサージ、ヨガ、ヘアカットなどフリーでやっている方たちが多く、私のトレーナーもジムを持たずにフリーで個人宅に出向いて教えている方です。これから陽気が良くなって来たら、私は近所の公園でやろうかなあ? と思っています。朝、子供を学校に送り届けてからトレーナーに自宅に来ていただいています。移動時間を節約できるのはとても効率的です!! 週1、2回、1時間程度トレーニングをしています。

10代のころは運動していたので20代はその体力、筋肉が残っていました、30代は妊娠出産もあり、体が大きく変化し、筋肉が落ちるのも仕方なかったのですが・・。キックボクシングを始めてからまず楽しくて気持ちがいい!! 集中でき、そして全身をつかうので、体が安定してきたような気がします。体幹が鍛えられているというのでしょうか? もちろん、美容も大切です!! でも、なかなかエステに行く時間などはないので、毎日の継続的なケアだけはどんなに疲れていてもきちんとやっています。 ヘアケアも自然のまま!! 白髪が目立つようになってきたらカラーリングをしてみようかな?と。あちらこちら気になるところは出てきていますが、それも当たり前と受け止めて、その時々で対処していきたいなあと思っています。

 

 

 

 

IMG_9055

 

 

 

 

 

「エヴィドンス・ドゥ・ボーテ」妻のために開発したスキンケア

The Special MaskIMG_9075IMG_9070

パリにあるローズウッドホテルグループのオテル・ドゥ・クリヨンが去年7月リニューアルオープンしました。ゴージャスなスパがあってフェイシャルは夫の扱っている化粧品「エヴィドンス・ドゥ・ボーテ」が入っています(写真上)。世界のローズウッド系列のホテルで「エヴィドンス・ドゥ・ボーテ」を使っていただいています。 エイジングケア化粧品の南フランス生まれの「エヴィドンス・ドゥ・ボーテ」“完璧な美の証”という意味をもつブランド名は、その名が示す通り年齢を超越した美しい肌を実現する、確かな効果を追求したエイジングケア・コスメティックブランドです。フランスのラグジュアリーと日本の繊細さや先進テクノロジーを調和させ、2006年誕生。地道にやってきて、やっとホテルのサロンに入れていただけるブランドになりました。 日本ではカウンセリングを受けてからご購入いただくか、ネットでの販売を行っています。コンセプトは敏感肌用のアンチエイジング化粧品です。

20代から30代初めにかけて、化粧品の試供品などをいただく機会がありいろいろ使っていたのですが、何度か肌に合わずに顔が腫れたりすることがありました。男性である夫は「なぜ顔が腫れるの?」と不思議そう。多くの女性は中々自分に合う化粧品に出会えず、あちらこちらさまよっているのよ!!と話すと、「じゃあ、僕があなたが、そして多くの女性が一生使い続けられる化粧品を作るよ!!」と。

こうしてエヴィドンス ドゥ ボーテが誕生しました。

現在は26か国で販売をしております。セレブリティの方々にもご愛用いただき、ある方は移動する国のホテルに、移動のたびごとに化粧品を届けるようにと。そこまで愛用していただけるのは嬉しいですよね。

パリでは16区にスパがオープンし日本人の方が施術をしています。フランスではよくあることですが・・・。去年の春、遅くとも夏にはオープン予定でしたが、工事が延びて延びて・・・やっと2018年、春オープンとなりました。

もしパリにいらした際には、お立ち寄りくださいね。いつかは・・・日本でもスパをオープンさせるのが彼の夢のようです!!

エヴィドンス ドゥ ボーテはネットでも販売されていますので、是非サイトをのぞいてみてくださいね。

 

La Maison Evidens de Beaute
住所 31 rue boissiere 75116 paris  
電話 01.43.59.11.85(日本語OK)
http://www.evidensdebeaute.jp/shop/

 

中村 江里子  ERIKO NAKAMURA  (フリーアナウンサー・タレント)
東京都出身。立教大学経済学部経済学科卒業
1991年フジテレビへ入社、アナウンサーとして活躍。1999年フジテレビを退職し、フリーアナウンサーとなる。2001年にフランス人のシャルル・エドワード・バルト氏と結婚し、生活の拠点をパリに移す。妻であり、3児の母でもある。現在はパリと東京を行き来しながら、テレビや雑誌、講演会、イベントなどの仕事を続ける。著書も多数。趣味 映画鑑賞、読書、ドライブ、文房具集め。B’zファン。

『セゾン・ド・エリコ vol.8』(扶桑社) 中村江里子のデイリー・スタイルVOL.8 好評発売中!
VOL.9 2018.10.15発売予定!!

中村江里子さん写真 『セゾン・ド・エリコ』Vol.8(扶桑社)より 撮影/黒沼 諭(aosora)

 

観光局、宿泊施設などとの協賛企画、広告、スポンサーを随時募集しております。
雑誌、書籍などグルメと旅の企画執筆、旅程、宿、レストランなどのコンサルティングもお気軽にお問合せください。
問い合わせ先:agenceparis@groumet-traveller.com

Copyright © 2018 groumet-traveller,all Rights Reserved.
記事・写真などの無断転載は禁じられています。

Top