「フランスレストランウィーク2018」開催 憧れのフレンチを特別ランチ2500円、ディナー5000円

カテゴリー/ GOURMET |投稿者/ Gouret&Traveller
2018年06月06日

「トレ・ボン! 日本のテロワール」をテーマにフレンチを堪能できるイベント、600店が参加!

「ダイナースクラブ フランス   レストランウィーク」は、巨匠、アラン・デュカスが代表を務める「コレージュ・キュリネール・ド・フランス」が、フランス料理の発信を目的として始めたレストランイベントの日本版として、2011年より毎年日本でも開催されています。今年の開催に向け、発表会には全国から35人のシェフが集結しました。

この期間中はラグジュアリーなレストランも、フランス料理を気軽に楽しんでもらえるように、テーマに合わせたランチ2,500円または5,000円、ディナー5,000円の特別コースを提供します。

今年のテーマは「トレ・ボン! 日本のテロワール」。鰹節やわさび、しいたけ、ゆずなど多くのフランス料理人たちが積極的に取り入れ、今や日本の素材や調味料は先端のトレンドです。そんな日本各地のすばらしい食材を各シェフがそれぞれ自慢の一品に仕立てます。
今年の参加フレンチレストランは、全国約600店舗。開催期間は、9月22日(土)〜10月8日(月・祝)、
電話予約開始は、2018年9月5日10時から。

「フランスレストランウィーク」では、プレイベントも開催、この機会に日本のフランス料理の魅力を満喫してください。

IMG_9301

 

 

 

全国各地の若手シェフにフォーカス、個性あふれる実力派のフレンチを堪能したい

また、今回の「フランスレストランウィーク」では、次世代を担うフォーカスシェフを、海外招聘2名と北海道、東北、関東、中部、近畿、九州の6エリアから14人をピックアップ。30代から40代の個性と実力をそなえた若手シェフによるフランス料理をフィーチャー。その中から注目シェフ3名をご紹介します。

 

山地陽介  
山地陽介さん (京都)   

IMG_9304

京都の祇園南側という一等地にオープンして約3年。11年フランスで経験を積んできましたが、最終的な目標は京都で自分のレストランをオープンすることでした。フランスでは、リヨンのポール・ボキューズ学院で学び、パリの三つ星「アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ」、「アストランス」で修行したあと、サン・ジェルマンの「ロブション」でスーシェフとなり、フランスのガストロミック・シーンにどっぷり浸りました。その後、ネオビストロノミーがトレンドとなるころ、パリ9区の「ロフィス」で立ち上げから任され、さまざまな経験を積み重ね帰国。舌の肥えたお客様ばかりを迎える厳しい京都のこの地で充実した日々を送っています。「レストランウィーク」では、全国から集まったスタッフの故郷から送られてくる旬の素材を使い、全国の旬を京都らしく仕立てるつもりです。

山地陽介 Yosuke Yamaji
京都府京都市東山区祇園町南側570-151
京阪本線 祇園四条駅 徒歩5分
075-561-8001
ランチ12:00~13:30L.O.
ディナー18:00~21:00L.O.
月曜日休み ※月2回不定休
ランチ 5000円〜
ディナー 10000円〜
http://www.yosukeyamaji.com

 

オテルグレージュ ロルキデ・ブランシュ
兵頭賢馬さん (福岡県宗像市) 

IMG_9305

「フランスレストランウィーク」では、貴重な玄界灘のクエを低温調理で料理したもの、宗像のおいしい米を餌にした宗像牛、福岡のカボスを使ってコースを考えています。宗像市は、「神宿る島」宗像・沖ノ島として世界遺産に登録され、外国のお客様も多いので、地元の素材を使い伝統的なフルンチをベースにオリジナルの料理をめざしています。
オテルグレージュは、世界的に活躍するフランス人デザイナーの カトリーヌ・メミが日本で初めてプロデュースしたホテル。 インテリアは、イタリア家具ブランドのカッシーナ・イクスシーが このホテルのために手掛けました。全室オーシャンビューのゲストルームは6部屋のみと、地中海で出会うようなデザイナーズホテルです。スタッフに恵まれホテルのフランス料理の王道をめざしたいと考えています。
78年生まれで、「料理の鉄人」世代。コック帽とコックコートに憧れてフランス料理の道を志しました。ホテル日航福岡に就職し、その後フランスでは、当時三つ星のシャンパーニュ地方のレ・クレイエールなどで修行。帰国後、オテルグレージュにてエグゼクティブシェフに。ミシュランの三つ星の定義のように、「わざわざ食事に行きたいレストラン」をめざしています。福岡のホテルフレンチは衰退しつつあるので、また盛り返していく原動力になりたいと思っています。

 

オテルグレージュ ロルキデ・ブランシュ
福岡県宗像市神湊600 
0940-38-7700
JR東郷駅よりタクシーで約15分
JR東郷駅よりバスで約25分
JR赤間駅よりタクシーで約20分
LUNCH 11:30 – 14:30 (LO) DINNER 17:00 – 20:00 (LO)
ランチ 3800円
ディナー 6500円
https://www.greges.jp/

 

アリーニュ
高松章浩さん (名古屋)  

IMG_9306

地元のおいしい無農薬野菜をふんだんに使ったフレンチを「レストランウィーク」では提供したいと思っています。在来・固定種を中心に育てた豊田市にある自店の畑「アリーニュ畑」で収穫する完全無農薬野菜、野菜の本来のおいしさを感じることができる料理です。
店名アリーニュ(a.ligne)は、「私と点」、つまり仲間や生産者さん、お客さまが線で繋がるという意味をこめています。名古屋にオープンして約1年半。もともとは、京都出身で大学の工学部に土木課に行っていたのですが勉強に興味が持てず、アルバイトをしていた飲食店で料理の楽しさにめざめました。大学卒業後は飲食業界に就職し、フランス料理の道を志しました。フランス料理を極めるために、日本料理店で魚の調理法などを学び、イタリア料理店でも修行、パティシエも経験しました。フランスではラングドック地方のトゥールーズで経験を積み、カスレをはじめとする郷土料理を勉強しました。これまでのさまざまな経験を生かして自分なりのイノベーティブなフレンチを作っていきたいと考えています。

アリーニュ
愛知県名古屋市中区新栄2-3-12
0529614750
名古屋市営地下鉄東山線線 新栄町駅徒歩5分
名古屋市営地下鉄 東山線・JR千種駅から徒歩10分
昼 12:00 ~ 15:00(13:30)
夜 18:00 ~ 23:00(20:00)
水曜日・その他不定休
ランチ 3800円〜
ディナー8000円〜
http://www.aligne.jp/

 

プレイベント

●「ラ・ターブル・ドゥ・ダイナースクラブ@ミーレ」
東京にいながら来日シェフや地方の人気シェフによる料理が楽しめる限定レストラン。
⚫︎9月5日(水)〜16日(日)のうち8回
デモンストレーションつきブランチ、ディナー
⚫︎来日シェフ予定
9月15日(土)、16日(日)
ファニー・ レイ
ローベルジュ・ドゥ・サンレミ・ドゥ・プロヴァンス(南仏サンレミ・ドゥ・プロヴァンス)
ジェシカ・プレアルパト
アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ

9月5日(水)、6日(木) 樋口 宏江 志摩観光ホテル ラ・メール 三重
9月8日(土)、9日(日) 兵頭賢馬 (オテルグレージュ ロルキデ・ブランシュ)
9月11日(火)、12日(水) 藤谷圭介(オプトゥニール ケイ 札幌)

予約  一休.comレストラン   8月22日10時から

●日仏星つきシェフが集結「ガラディナー」
9月18日(火) 19時 ホテルニューオータニ
飯塚隆太 「リューズ」
ルノー・オージエ 「トゥールダルジャン」

9月20日(水) 19時 リーガロイヤルホテル
佐々木康二「プレスキル」
太田昌利 「リーガロイヤルホテル」

予約  一休.com  8月1日 10時から

●「子供食堂ネットワーク」と協力し国内外のシェフが、子供たちにフランス料理を提供します。

観光局、宿泊施設などとの協賛企画、広告、スポンサーを随時募集しております。
雑誌、書籍などグルメと旅の企画執筆、旅程、宿、レストランなどのコンサルティングもお気軽にお問合せください。
問い合わせ先:agenceparis@groumet-traveller.com

Copyright © 2018 groumet-traveller,all Rights Reserved.
記事・写真などの無断転載は禁じられています。

Top