この夏、星野リゾートで新しい旅体験を!サマーイベント5選

カテゴリー/ VISIT |投稿者/ Gouret&Traveller
2018年06月17日

旅する心をくすぐる仕掛け、新しいスタイルで宿泊体験を提供するホテルOMO 第1号は旭川

IMG_9342

星野リゾートの都市観光ブランド「OMO」第1号が旭川で始動しました。 寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げるホテルとして旅人を迎えます。

その街だけの楽しさやおいしさを紹介したり、旅する心をくすぐる仕掛けしたり、まったく新しいスタイルで提供するホテルOMO。“街を楽しむという視点”から、新しい宿泊体験を提供してくれます。街の一部でもあるパブリックスペースや観光客に とっての使いやすさを重視した客室など、単に宿泊するだけではなく、旅のテンションをずっとキープしていられる特別の空間がOMOです。

IMG_9343

OMO7 旭川は、旭山動物園にも近く、富良野や美瑛への観光拠点としても便利。四季折々に表情が変わる街並みに、ローカル色溢れる魅惑のロケーションです。
古くから旭川の人々のくらしや営みに寄り添ってきたホテルが、街歩きを堪能する旅をの手助けをしてくれます。ホテルから500歩圏内に古き良き日本の風情が残 る路地裏が点在しており都市観光に絶好の場所に位置しています。

OMO は、ホテルを中心とした街全体をひとつのリゾートとして捉え、 ゲストにはホテルにこもらずどんどん街に出かけてほしいというコンセプト。「ご近所マップ」「ご近所専隊 OMOレン ジャー」「体験レポート(街探索のおすすめコース案内)」「ご当地 ワークショップ」の4つのコンテンツでゲストを歓待します。旭川のまちなかには、ガイドブックに載っていない魅力がたくさんあります。まだあまり知られていない地元民がとっておき情報を教えてくれます。

 

 

IMG_9345

OMOベースは、街歩きが楽しくなるさまざまな仕掛けが詰まったパブリックスペース。北海道の森をイメー ジしており、白樺のテーブルが北海道らしいインテリア。家具は全て国産最高峰とも言われる旭川家具を使用。 ランプシェードには、北海道三大ラーメンのひとつ「旭川ラーメン」のどんぶりを使い、遊び心がちりばめられています。同じフロアには、屋根裏部屋のような空間に北海道や旭川にゆかりのある書籍を集めた「ブックトンネル」、朝・昼・夜の変化が楽しい集いの場「OMOカフェ&バル」などがあります。

 

 

IMG_9341

OMOへのリブランドを機にリノベーションされたコンパクトだけれど楽しいゲストルームのコンセプ トは「団らん」。ふたりで囲めるDANRANテーブルでは、旭川を楽しみ尽くす旅の計画をたてましょう。テーブルの上 には芝生をイメージした緑のシートが敷かれ、OMOベースで販売されている動物のミニチュアフィギュア を「放牧」して北海道ならではの遊びココロを満喫。また、ベットをL字型に配置 することで、それぞれのプライベートスペースも確保されています。ベッドの下には広々とした収納も用意し、 使い勝手のよさもうれしい配慮です。

 

 

住所 :北海道旭川市6条通9丁目
電話 :0166-24-2111(代表) アクセス :JR旭川駅より徒歩13分
施設構成 :客室、ロビーラウンジ、レストラン、カフェ&バル、 バンケット、ブライダル
部屋数 :237室/チェックイン15:00 チェックアウト11:00 宿泊料金 :5,000円~(2名1室利用時・1名あたり/税・サービス料込)
https://omo-hotels.com/asahikawa

 

 

 

星のや竹富島で八重山の自然を舞台に極上の記念日を演出「星砂ビーチダイニング」

IMG_9431

沖縄県・竹富島の「星のや竹富島」は、一棟建ての贅沢な滞在型リゾート。竹富島の東に位置する琉球赤瓦の集落で、約2万坪の敷地には、島内の家々と同じように「竹富島景観形成マニュアル」に従い、伝統を尊重して建てた戸建の客室、白砂の路地、プール、見晴台などで、小さな集落が構成されています。

 

星のや竹富島は、記念日を祝うカップルのために、砂浜にダイニングセットを設えてくれます。2018年7月1日~8月10日 、「星砂 ビーチダイニング」を開催。八重山の自然が織りなすロマンティックな景色に囲まれたビーチにダイニン グセットを設え、土地の食材の魅力が最大限に引き出されたディナーをセッティング。アウトドアの開放感が感じられるプライベートなひと時をサポートしてくれます。

IMG_9347IMG_9348

ビーチに設える二人のためだけの席と星や海をテーマにしたコース料理。プログラムの舞台となるのは、竹富島の東部にある「アイヤル浜」。目の前の海は潮の流れが速く、遊泳禁止区域になっていることから、夏でも人が少なく静かな時間を過ごせます。夕焼けに染まる空を眺めながら食事をし、ディナーが終わる頃には、夜空に広がる満天の星を仰ぐことができます。八重山は、21の一等星と84の星座が見られる日本有数の星空観賞スポット 。ランタンが灯るビーチで、都会では味わうことのできない、ロマンティックな時間を堪能できます。 今回は、1日1組限定。星や海をテーマにした全6品のコース料理に加えて、ソムリエセレクトのワインが記念日を盛り上げます。

 

 

IMG_9346

<メニュー例>
アミューズ 白砂で覆われた海老のポワレ
前菜    カジキのタルタル ティンガーラ仕立て
スープ    星に覆われた島豆腐とカリフラワーのロワイヤル
魚料理    海の幸のブイヤベース アーサーのリゾットとともに
肉料理    海の香りを閉じ込めた牛の塩釜焼き
デザート マンゴープリン エキゾチックな香りの白ワインジュレとともに 

 

住所: 沖縄県八重山郡竹富町竹富 アクセス:石垣港よりフェリーで約10分 竹富港より送迎有
客室数: 48室 電話:0570-073-066(星のや総合予約)
チェックイン15:00~/チェックアウト~12:00 料金:1室1泊54,000円~(税・サ込、食事別) *通常予約は2泊より
https://hoshinoya.com/

「星砂ビーチダイニング」概要 ■期間:2018年7月1日~8月10日の月・水・金曜日 ■時間:18:30~20:30 ■場所:アイヤル浜 ■料金:1組 50,000円(税・サ、宿泊料別) ■予約:星のや竹富島HPより4日前までに予約 *状況により、記載内容が変更になる場合があります。

 

 

 

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳  野菜の美味しさに出会うイベント 「八ヶ岳マルシェ 2018」開催

IMG_9437

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳は、建築デザインの世界的巨匠「マリオ・ベリーニ」が手掛けたリゾートホテル。館内は、ブックス&カフェ、メインストリートには、19店舗のセレクトショップが立ち並び、波の出る屋内プールのほか、本格的イタリア料理のメインダイニングなどを備えています。冬はスキーやスノーボードが手軽に楽しめる首都圏から一番近いスノーリゾート。夏は、緑豊かな八ヶ岳エリアのリゾートが楽しめるホテルです。

 

 

 

IMG_9351

2018年7月28日 ~8月26日の毎日と、9月1~30日の土日祝には、「八ヶ岳マルシェ 2018」が行われます。八ヶ岳マルシェは、 今回で9年目を迎える夏の定番イベント。ホテルのメインストリート「ピーマン通り」に、近隣で野菜を育てる生産者が出店し、自慢の作物を販売します。また、カフェやレストランでは、野菜を使った限定メニューも登場します。野菜のおいしさに出会えるイベントで、生産者のこだわりに触れ、あらためて野菜のおいしさを知ることができます。

 

 

IMG_9350

八ヶ岳エリアは、長い日照時間や昼夜の激しい寒暖差によって、おいしい野菜が育つ地域として知られています。その良質な環境のもと、多くの生産者が活躍しています。八ヶ岳マルシェは、生産者が対面販売をするため、生産方法のこだわりや、調理法など、生産者との会話を楽しみながら、買い物ができるのはこのイベントならでは。2018年の八ヶ岳マルシェは、午前中のみの開催となります。夏は、野菜作りの最盛期ですが、開催時間を絞ることで多くの生産者と出会うことができます。 

 

 

 

IMG_9349

ピーマン通りのカフェやレストランでは、片手で気軽に味わえる「ワンハンドフード」をイベント期間限定で販売。野菜やフルーツを使った7種類のメニュー は、テイクアウトも可能です。ピーマン通りのベンチや、 森の木陰で、味わうこともおすすめです。

 

 

住所:山梨県北杜市小淵沢町129-1
電話: 0570-073-055 (リゾナーレ予約センター)
アクセス:JR小淵沢駅より無料シャトルバスで約5分 客室数:172室
チェックイン:15:00~
チェックアウト:~12:00
宿泊料金:1泊2食付1室2名利用時 1名/25,800円~(税・サ込)
https://risonare.com/yatsugatake/

■場所:ピーマン通り 各店舗 ■料金・時間:店舗によって異なる ■対象:宿泊・日帰りともに利用可 ※食材の入荷状況によって、料理は変わる場合があります。

 

 

 

雲海テラスに雲海を楽しむ2つの展望スポットが誕生予定「星野リゾート トマム」

IMG_9355

北海道勇払郡占冠村ある「星野リゾート トマム」は、北海道のほぼ中心に位置する滞在型リゾートです。「ザ・タワー」「リゾナーレトマム」の2つのホテル を中心に、四季を通して北海道を体感できるアクティビティが楽しめます。
「星野リゾート トマム」内にある「雲海テラス」には、2018年9月、新たな展望スポットが誕生する予定です。雲海テラスでは「Cloud9(クラウドナイン)計画」というプロジェクトのもと、 これまで「Cloud Walk(クラウドウォーク)」や「Cloud Pool(クラウドプール)」など、さまざまな展望スポットが誕生してきました。今回は、第5弾と第6弾として「Cloud Bed(クラウドベッド)」と「Cloud Bar(クラウドバー)」が誕生します。毎年多くのゲストが雲海テラスを楽しみにトマムに訪れており、新たな展望スポットが加わることで、これまで以上に非日常の大自然の魅力に触れることができます。

 

IMG_9438IMG_9439

全長約15mのCloud Bedは、雲をかたちづくる「雲粒」をイメージした直径40~60cmの大小様々なサイズのクッションが連なって設置されています。1つ1つのクッションが、弾力のあるふわふわとした素材のため、寄りかかったり、座ったりすると、雲の上にいるような気持ちで、雲海の眺めを楽しめます。
雲海テラスを巡る道沿いに、地上3m、長さ13mのバーカウンターと椅子が並ぶのがCloud Barです。椅子は1人用と2人用の2種類が用意されていて、最大7名が利用可能です。椅子についているハシゴを登り斜面を覆う草木の上に顔を出すと、山々の風景の中に浮かぶように座ることができます。雲海や朝日などの絶景を眺めることができるバーカウンターにいるかのようなイメージです。

 

住所 : 北海道勇払郡占冠村字中トマム
電話 :0167-58-1111 (星野リゾート トマム 代表電話)
アクセス:新千歳空港より車で約100分、JRで約90分(南千歳駅乗換)
部屋数 :735室(ザ・タワー535室、リゾナーレトマム200室)
チェックイン:15:00~/チェックアウト:~11:00
宿泊料金:1室2名 1泊朝食付 1名様 ザ・タワー 11,500円~(税・サ込)、 リゾナーレトマム 20,500円~(税・サ込) https://www.snowtomamu.jp

Cloud Bed、Cloud Bar
■完成予定日:2018年9月
■料金:利用、見学無料 *別途ゴンドラ料金あり
■時間:5:00~7:00(上りゴンドラ最終乗車)
■宿泊者、日帰り共に利用可 *時期により営業時間が異なります。 *Cloud Bed、Cloud Barの内容は工事状況により、変更の場合があります。

 

 

 

星野リゾート  リゾナーレ熱海 ソラノビーチ Books&Cafeが 期間限定「海の家ビアガーデン」に変身! 

IMG_9430IMG_9427

熱海の絶景と温泉に浸るリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレ熱海」。2011年12月に開業した熱海の山上の地に佇むリゾートホテルです。スタイリッシュな空間デザインに加え、全室オーシャンビューの部屋からの絶景が魅力。熱海の花火や夜景を存分に楽しめるプライムな経験を満喫しましょう。

2018年6月1日~7月13 日の期間、ホテル最上階にビーチを再現した空間「ソラノビーチ Books&Cafe」が、「真夏の先取り」をテーマにした海の家に変身します。2年目となる今回は、夏の定番である「ビアガーデン」が 登場。ビールをはじめとしたのどごしを感じるドリンクやフードを揃えます。外では過ごしにくい梅雨のジメジメとした時期でも、真夏を先取りした屋内のビーチで、快適なリゾート体験ができるイベントです。

 

 

IMG_9428IMG_9429
一面に白い砂が敷き詰められた「ソラノビーチ Books&Cafe」は、1年中屋内でビーチを感じることのできる空間です。2年目となる今年はより「真夏の先取り」を表現するため、夏らしさの象徴であるビアガーデンを加えました。ビアガーデンは人混みを嫌う女性の利用が少なくなってきていますが、ソラノビーチ Books&Cafeは、宿泊者限定の屋内のプライベートビーチ空間のため、ゆったり楽しむことができます。梅雨のジメジメした時期でも、快適 なビーチでのどごしの良いビールを味わえます。 2018年のテーマは「真夏の先取り!  海の家ビアガーデン」 。「のどごし」がテーマのドリンクやスイーツで真夏の先取りをしましょう!

■のどごしドリンク「シトラスビアカクテル」  伊豆の名産であるシトラスとビールを合わせたビアカクテルを3種用意。ビールののどごしの良さと、シトラスの爽やかさで、真夏の先取りを感じられるドリンクです。 そのほか、伊豆地域のブリュワリーのビール3種飲み比べや、ノンアルコールドリンクとしてシトラスを使ったスムージー、ハーブコーディアルソーダが提供されます。
■のどごしスイーツ「伊豆名物ところてん」  
海のそばの土地である伊豆地方では、海藻から作られるところてんが有名です。つるりとしたのどごしの良い食感 のところてんを、自分で器に突き出し、三倍酢・梅蜜・抹茶蜜からお好みの味を選んで食べることができます。

 

静岡県熱海市水口町2-13-1 TEL:0570-073-055(リゾナーレ予約センター)
アクセス:【車】東名高速道路厚木I.C.より車で約70分 【電車】JR東海道線 熱海駅から送迎バスで約20分
客室数:77室(部屋タイプ:8タイプ) チェックイン15:00/チェックアウト12:00
料金:大人1名 20,400円~(1泊2食付き/2名1室利用時/税・サービス料込)
 https://risonare.com/atami/

 

【ソラノビーチ Booke&Cafe「海の家ビアガーデン」】
会場:11階ソラノビーチ Books&Cafe
日程:2018年6月1日~7月13日 
対象:宿泊者限定
時間:10:00~23:00(22:30L.O)*21:00以降は12歳以上の方のみ利用可能  
料金  シトラスビアカクテル 900円(税込) ビール3種飲み比べ 900円(税込)

観光局、宿泊施設などとの協賛企画、広告、スポンサーを随時募集しております。
雑誌、書籍などグルメと旅の企画執筆、旅程、宿、レストランなどのコンサルティングもお気軽にお問合せください。
問い合わせ先:agenceparis@groumet-traveller.com

Copyright © 2018 groumet-traveller,all Rights Reserved.
記事・写真などの無断転載は禁じられています。

Top