リーズナブルな贅沢ランチ⑫「セ シュエット」カジュアルさも持ち合わせた正統派フランス料理

カテゴリー/ GOURMET |投稿者/ Gouret&Traveller
2018年07月01日

3000円台までのコースメニューで、味、雰囲気、サービスと3拍子揃った良心的なレストランをピックアップする連載「3000円台までのリーズナブルな贅沢ランチ」、第12回目は、本場フランスの雰囲気を感じながら、多種のセレクションから選べる「セシュエット」の2800円のランチコースをご紹介します。

 

セ シュエット (C’est Chouette) 
2800円 前菜+メイン+デザート+飲み物 

IMG_9480

麹町駅のそば、ビルが立ち並ぶビジネス街に三色旗が翻る。店舗は地下ながら一面のガラス窓を開放すれば、さながらフランスのビストロのようなオープンテラスになる。カーブを描く木彫の天井の飾りや白いクロスのかかるテーブルに赤い椅子、間接照明に浮かぶたくさんの料理名が並ぶメニューボード、フランス本場の雰囲気が香る心地よい空間だ。この地に店を構えていた老舗の「ラ・シャンス」のあとを縁あって引き継ぎ、2018年3月に築地から移転した。
ゲストにゆっくり楽しんでもらうランチコースは、選ぶのに迷うほどのセレクション、前菜8種類、メイン6種類、デザート8種類ほど。全種制覇するためリピート必至のメニューは、エゾ鹿のパテ、イワシとトマトのタルトプロヴァンス風、トリップのトマト煮込みグラタン仕立てなど本場の味が並ぶ。量もたっぷりフランスサイズで、前菜、メイン、デザートに自家製パンとリエットがついて2800円というすぐれたコストパフォーマンス。場所柄時間のないビジネスパースン向きに数量限定のワンプレートランチ、1280円も用意されている。

 

 

 

 



IMG_5633

両親が共働きで、料理を作ることが好きだった兄と一緒に自分たちの食事を作っていた河野匡泰(こうの ただやす)シェフ。それがきっかけで料理に興味を持ち専門学校へ進む。卒業後、1年間洋食店で修行した際、知り合ったフランス料理のシェフの影響でフレンチの道を志し、岐阜の「ラーモニー・ドゥ・ラ・ルュミエール」で基礎を学び、青山の名店「ラ・ブランシュ」ヘ。舌の超えたお客さまに鍛えられたと河野シェフは振り返る。かねてからフランスに勉強に行きたいと考えていたところ、「ラ・ブランシュ」の田代シェフのつながりから、パリの星付きレストラン「ステラマリス」の吉野建シェフに当時2つ星の「ジャック・カーニャ」を紹介され、即採用となる。その後、カルカッソンヌ、マルセーユ、ブルターニュ、ルクセンブルク、ベルギーなどフランス各地、近隣諸国を周る。楽しい想い出ばかりを抱いて帰国し、しばらく東京で働いていたが、またフランスにもどりたくなり、パリの巨匠「ジャック・マキシマン」や三つ星「ピエール・ガニエール」などで経験を積む。特にガニエールでは、パティシエの仕事も学び、ミニャルディーズで出す小さなボンボンショコラひとつ出すために、テンパリングなどを行い本格的な手間暇かける作業に感動したという。
帰国してすぐ築地で独立。ガストロミーの世界にどっぷり浸り、基本に沿った伝統の手法で、王道を突き進みながらカジュアルさも持ち合わせた料理を作っていきたいと考えた。
おひとりさまから、記念日、貸切パーティまでさまざまななシーンで使える、温かなサービスと磨き上げられた腕が生み出す極上のリーズナブルランチを味わえる至極のレストランだ。

 

 

 

 

 

きのこのスープ  トリュフ風味  パイ包み焼き
IMG_9482

きのこの香りをふわっとさせたスープを作りたいと思い考案したスープ。普通の平たいお皿でも充分香りが出るが、パイで閉じ込めることでスプーンを入れた瞬間さらにふわっと香る。パイをかぶせる際とパイで閉じる直前に刻んだトリュフを閉じ込め、香りを楽しめる工夫をした。中には、マッシュルームとバターでやわらかく蒸したポロネギを加え、なめこでとろみやあつあつ感を出す。パイ皮は涼しい早朝に毎日折って保存。美しい焦げ目の入った大きなパイ皮のビジュアルにまずゲストは感動する。食べたあとに何を食べたのかしっかり印象が残るようにしたいというシェフの先制パンチだという。パイ皮にスプーンを入れると、きのこの食欲を誘う香りに包まれる。とろとろのスープはきのこのエキスが凝縮されチャウダーのようだ。

 

 

 





シェフ特製ブイヤベース
IMG_9483

魚はオマール、すずき、かさご、真鯛、ほたて、はまぐりなどの魚介の身がどっさり贅沢に投入され食べ応え満点。スープ・ド・ポワッソンは野菜を炒めて魚介の使わない部分を加え、水分が飛ぶまで炒める。水分がなくなってこびりついていく焦げもさらに炒めていき、すりつぶしながらこしていく。魚介の味がしっかり詰まったとろり濃厚なスープ。ピーマン・デスプレットを香りづけに添えてアクセントに。

 

 

 



オペラ
IMG_9484しっとりしたガナッシュとバタークリームコーヒーのシロップをビスキュイショコラにしっかりと染み込ませ、外側をしっかりコーティング。牛乳とシナモンのシャーベット添える。クレームブリュレ、タルトタタンほかフランス菓子の王道が並ぶデザートのラインナップも魅力。

 

 

 

 

 

IMG_9479

 

セ シュエット
東京都千代田区平河町1-5-13 B1
050-5595-6081
東京メトロ麹町駅より徒歩2分/半蔵門駅より徒歩4分/永田町駅より徒歩4分
11:30~14:00(L.O.13:30)
18:00~22:00(L.O.21:30、ドリンクL.O.21:30)
日曜日、祝日
ランチ2800円、3600円、6000円
ディナー7920円、11880円、13200円

 

リーズナブルな贅沢ランチ⑫セ シュエット
リーズナブルな贅沢ランチ⑪OHAR ET CIE
リーズナブルな贅沢ランチ⑩ギンザトトキ
リーズナブルな贅沢ランチ⑨ラドニス
リーズナブルな贅沢ランチ⑧ラ・ボンヌ・ターブル
リーズナブルな贅沢ランチ⑦レストラン タニ
リーズナブルな贅沢ランチ⑥レ・コパン ドゥ ドミニク・ブシェ
リーズナブルな贅沢ランチ⑤ラ・トルチュ
リーズナブルな贅沢ランチ④リストランテ・ホンダ
リーズナブルな贅沢ランチ③表参道バンブー
リーズナブルな贅沢ランチ②カフェbyアマン
リーズナブルな贅沢ランチ① ビストロ マルクス

 

観光局、宿泊施設などとの協賛企画、広告、スポンサーを随時募集しております。
雑誌、書籍などグルメと旅の企画執筆、旅程、宿、レストランなどのコンサルティングもお気軽にお問合せください。
問い合わせ先:agenceparis@groumet-traveller.com

Copyright © 2018 groumet-traveller,all Rights Reserved.
記事・写真などの無断転載は禁じられています。

Top