日本上陸10周年、ラデュレのノルディック・クリスマス

カテゴリー/ GOURMET |投稿者/ Gouret&Traveller
2018年12月01日

ラデュレ日本10周年-1

2018年3月東京青山骨董通りにオープンしたラデュ(LADURÉE)。日本初の路面店は、ファンにとってビッグニュースだった。
ラデュレは、1862年、ルイ=エルネスト・ラデュレ が、パリのマドレーヌにあるロワイヤル通りにブーランジェリーを開店したことから始まった。日本では、19世紀当時の内装を活かした本店の「ラデュレ・ロワイヤル」を踏襲したクラシカルで優美なインテリアのサロン・ド・テがある銀座をはじめ、ブティックなど5店舗(日本橋、横浜、新宿、羽田空港)あるが、路面店はパリを拠点に活動する建築家でデザイナーのインディア・マダヴィ(India Mahdavi)によるモダンなインテリアが話題となった。

目にも艶やかなルックスのパティスリーや、ポップでカラフルなマカロン。フランス風アールドヴィーヴルに女子の憧れの世界がたっぷりと詰まったラデュレは、パリから上陸して以来多くの人々を魅了し、夢の空間を表現してきた。そんなラデュレも今年で10周年。そのアニバーサリーに発売された日本限定のスイーツが人気だ。ラデュレを象徴する淡いグリーンをキーカラーにしたラインナップがそろっている。

10周年限定マカロン「ミュスカ」 trioファン待望のマカロンは、マスカットフレーバーで仕上げた「ミュスカ」。マスカットが香るガナッシュと、ドライ・マスカットをダブルでサンドし、とれたての果実を味わっているかのような、ジューシーな味わいが魅力10周年限定マカロンボックス「Happy 10th Anniversary]だ。

限定マカロンボックス「ハッピー 10th アニバーサリー(Happy 10th Anniversary)」は、ラデュレファンにはうれしい一品。“ラデュレ・グリーン”に染まったボックスは、7色の“10”とハートを散りばめた、メゾンらしいデザイン。ボックスの中には、好きなマカロンを6つセットすることができる。

10周年限定パティスリー「ル・ミュスカ」限定店舗のみの販売されているタルト生地に、爽やかなライムのクリームと瑞々しいマスカット、そしてマスカット風味のホイップクリームを重ねた限定パティスリー、「ル・ミュスカ」。マスカット&ライム華やかな香りにたっぷりの果汁が広がる。

 

 

 

 

クリスマスはノルウェー・コレクション

IMG_2626今年のクリスマスより、ラデュレは世界の若き才能を招き、フランスのパティスリー界のスターを育てることに取り組んでいる。この新しいアプローチにより、ダヴィッド・オルデー社長は、若きシェフたちとパティスリーの既成概念にとらわれることなく新しいスイーツをクリエートしていくことをめざしている。このアプローチとともに、今年のクリスマスはフランスの伝統的なパティスリーも引き続き楽しめるラインナップをそろえている。

ノルウェーへ旅したダヴィッド・オルデー社長は、才能に溢れたシェフ・パティシエ、スヴェーレ・ソートレ・シェフに出会う。2004年に自身のパティスリーショップをオープン、パティスリーやチョコレートに関する多くの本を執筆し、同時に約12年間、料理番組にも出演しているノルウェーのスイーツ界のカリスマ。2006年のワールド・クッキング・コンテストや2008年の世界料理オリンピックでは賞を受賞している。
スヴェーレ・ソートレ・シェフのエネルギーとすぐれた技術、豊かな表現力などをラデュレと共有すべく、メゾンに招待。クリエイティビティや卓越した技術を、エクスクルーシブなノルディック・コレクションとサンタクロースの世界をラデュレ・ブティックに展開する。
赤と白で彩られたコレクションは、スカンジナビアの象徴的なモチーフで、モダンでもありエレガントでもある。
ノルウェー人のセートレ・シェフ は、ノルウェーの慣習からインスピレーションを得て、伝統的な木製のボックス“タイン”をかたどったビュッシュ・ド・ノエルを創り出した。ノルウェーでは、家族の食事やパーティなどイベントがあると、ケーキやパイ、お菓子を運ぶためにこの木製のボックスが使われる。
今年のビュッシュ・ド・ノエルは、マカダミアナッツのプラリネを挟んだアーモンド・ダックワーズの上に、ライスプディング・スタイルのガナッシュ、チェリーのコンポート、スパイスとローズ風味のムースを重ね、ノルウェー特有のフレーバーを楽しむことができる。赤と白で彩られたこのケーキの上には、ノルウェーの街、セルブのバラをモチーフに8角の星を描いた“セルブ・ローズ”が美しく輝いている。
シェフは得意とするビュッシュ・ド・ノエルに、ノルウェーのフォーク・アートの象徴を用いることで、自分の国の伝統を描きたいと考案。ミトン(手袋)や上着など冬用のニットのモチーフとして使われる模様を使った。ノルウェーの言葉で「ハッピー・クリスマス」と書かれたゴールドのメダルが飾られている。

ビュッシュ・タイン
6名様用 9,000 円(本体) 9,720 円(税込)
※12月22日~25日まで販売
ビュシェット・タイン
1名様用 1,360 円(本体) 1,469 円(税込)
※12月16日~25日まで販売

IMG_2623また、子供の頃の思い出をラデュレで表現しようと、北欧で使われる食材をマカロンに仕立てた。限定マカロン“リ・オ・レ”ライスプディングだ。ホイップクリーム、ヴァニラ、細かく刻んだアーモンドを混ぜ、チェリー・ソースをのせた北欧の伝統的なクリスマス・デザート。このレシピから、クリーミーなライスプディングとラズベリーのフレーバーを創り出した。

1個 281 円(本体) 303 円(税込) 2018年11月15日~ ラデュレ全店にて販売
2018 年クリスマス 限定マカロンボックス
8個入 3,310 円(本体) 3,575 円(税込)
14個入 5,600 円(本体) 6,048 円(税込)
2018年11月15日~ ラデュレ全店にて販売

 

マカロンボックス「スカンジナビアン・クリスマス」 14個入1個 281 円(本体) 303 円(税込) 2018年11月15日~ ラデュレ全店にて販売
2018 年クリスマス 限定マカロンボックス
8個入 3,310 円(本体) 3,575 円(税込)
14個入 5,600 円(本体) 6,048 円(税込)
2018年11月15日~ ラデュレ全店にて販売

 

チョコレートギフトボックスは、ダークチョコレートとミルクチョコレートの最上級のオリジナル・ガナッシュが12個入っている。クロフサスグリ風味の64%マダガスカル産ダークチョコレートのガナッシュを、ダークチョコレートでコーティング。
ラズベリー風味の46%ドミニカ共和国産ミルクチョコレートのガナッシュを、ミルクチョコレートでコーティング、65%マダガスカル産ダークチョコレートのガナッシュを、ダークチョコレートでコーティング、85%アビナオのダークチョコレートのガナッシュを、ダークチョコレートでコーティングしたもの。
12個入 1,700 円(本体) 1,836 円(税込)
2018年11月15日~ 青山店、銀座店、日本橋店、新宿店、横浜店にて販売。

 

 

 

 

ラデュレ 青山店のプティ・デジュネ

image

スクランブルエッグ、フレンチトースト、ヴィエノワズリーなど、パリのラデュレで人気の朝食メニューが、青山店でお目見えした。バターたっぷりのクロワッサンなどのヴィエノワズリーが魅力的な三段スタンドでゴージャスな朝食を!

ラデュレ 青山店
東京都港区南青山5-9-15 Tel 03-6418-5325
9:00~20:00 (19:00 LO)
不定休
www.laduree.com

観光局、宿泊施設などとの協賛企画、広告、スポンサーを随時募集しております。
雑誌、書籍などグルメと旅の企画執筆、旅程、宿、レストランなどのコンサルティングもお気軽にお問合せください。
問い合わせ先:agenceparis@groumet-traveller.com

Copyright © 2018 groumet-traveller,all Rights Reserved.
記事・写真などの無断転載は禁じられています。

Top