MET ライブビューイングで上演!大ヒットMET 初演作品《Fire Shut Up in My Bones》

カテゴリー/ CULTURE |投稿者/ Gouret&Traveller
2022年01月14日

映画館でオペラの臨場感を! チケット完売のヒット作、MET 初演《Fire Shut Up in My Bones》上映

◆日本上映:2022 年 1 月 28 日(金)~2 月 3 日(木) ◆上映館:東劇・新宿ピカデリーほか全国 20 館

世界三大歌劇場のひとつ、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場の最新オペラ公演を映画館 で上映する「MET ライブビューイング」。世界のトップ歌手たちの夢の競演、最高のオーケストラ、刺激的な演出の数々を、リーズナブルな価格で楽しめる画期的なオペラ・ エンターテインメントとしてオペラ好きにはなくてはならないイベントとなっています。昨年は新型コロナウィルスの影響により中止を余儀なくされた公演もあり、今季の開催を待ちに待ったファンも多いことでしょう。

 

 

 

BF1CFBA7-2073-4A39-83F5-0D7C91F18D88

1 年半ぶりの開幕となった現地 MET にて、2021-22 シーズン、第 2 作目テレンス・ ブランチャード《Fire Shut Up in My Bones》が、1 月 28 日(金)~2 月 3 日(木)に全国の映画館 にて公開となります。

138 年の歴史の中で史上初となる黒人作曲家によるオペラとして、今シーズンのオープニングを飾るこの舞台は、コロナ禍を経て、さらに挑戦的・創造的なオペラハウスとなった新生 MET の象徴とも言える注目作品。
スパイク・リー作品など多数の映画音楽を手掛け、2 度のアカデミー作曲賞にノミネートされたことのある、テレン ス・ブランチャードが手掛けた話題沸騰の新作オペラです。

 

 

 

2EDD7E13-584B-41AC-AD44-E7CE1EDB9B57

作曲家テレンス・ブランチャードは、アメリカ・ニューオーリンズ出身。2008 年グラミー賞で“ベスト・ジャズ・インストゥルメンタル・ソロ賞”に輝いたトップ・トランペッター兼作曲家です。30 年以上にわたりジャズ界の中心で活躍し、グラミー賞受賞経験も多数。多くの映画音楽も手掛け、特にスパイク・リー監督の作品には欠かせない作曲家として『マルコム X』をはじめ多数のサウンドトラックを制作しています。2019 年に『ブラック・クランズ マン』、2021 年には『ザ・ファイブ・ブラッズ』と 2 度のアカデミー「作曲賞」にノミネートされた実力派。

ゴスペルなどのさまざまなな黒人たちの文化をオペラの世界に持ち込み、今を生きる人たちに共鳴す るオペラを作ろうと思い、今作《Fire Shut Up in My Bones》を作曲したとのこと。新時代のオペラへの挑戦です。

現地 NY では好評により、チケットも完売の大ヒットとなりました。2019-20 シーズンで人気を博した《ポーギーとベ ス》の J・ロビンソンと C・A・ブラウンの演出に、MET 音楽監督 Y・ネゼ=セガンがタッグを組みました。MET 新時代の幕開けは、《ポーギーとベス》で注目を浴びた A・ブルー、L・ムーアら心動かす黒人歌手たちの演唱も必聴です。

 

 

 

 

A4EFBD7D-883D-499F-9545-45AE81FAC868

◆あらすじ 現代のアメリカ、ルイジアナ。青年チャールズは、実家に向かって車を走らせている。後部座席には「復讐」のための銃があった。チャールズは、7 歳の時に従兄のチェスターから受けた性暴力のトラウマに苦しんでいたのだ。奨学金を受けて大学に入り、ようやくできた恋人の グレタに過去を打ち明けるが、グレタにはすでに別の男性がいた。絶望したチャールズは、母のビリーからチェスターが戻っていると聞き、 復讐を思い立ったのだが…。

 

 

 

 

A5392611-F743-464C-997A-CA5068EF43E8
【指揮】ヤニック・ネゼ=セガン 【演出】ジェイムズ・ロビンソン&カミール・A・ブラウン 【出演】ウィル・リバーマン、エンジェル・ブルー、ラトニア・ムーア など 【MET上演日】2021/10/23 【上映予定時間】3時間26分(休憩1回)

 

 

ほかにも、有名なギリシャ神話を妻エウリディーチェの視点から描いた《エウリディーチェ》などの多彩な新作オペラから、誰もが楽しめるおとぎ話《シンデレラ》の英語・短縮版、絢爛豪華なMETの看板演目《トゥーランドット》などの超人気演目まで10作品。これまでになくバラエティ豊かなラインナップを楽しめます。

お得にご鑑賞できる特別鑑賞ムビチケカード3枚セット(9600円)も発売中!

コロナ禍を経て、さらに挑戦的・創造的なオペラハウスとなった新生MET。感動的な最新シーズンのオペラを堪能してみてはいかがでしょう。

 

 

【MET2021-22 上映ラインナップ】
①《ボリス・ゴドゥノフ》:1月21日(金)~1月27日(木)
②《Fire Shut Up in My Bones》MET初演:1月28日(金)~2月3日(木)
③《エウリディーチェ》MET初演:2月18日(金)~2月24日(木) ※東劇のみ3/3(木)までの2週上映
④《シンデレラ》(短縮・英語版):3月4日(金)~3月10日(木)
⑤《リゴレット》新演出:3月18日(金)~3月24日(木) ※東劇のみ4/7(木)までの3週上映
⑥《ナクソス島のアリアドネ》:4月22日(金)~4月28日(木)
⑦《ドン・カルロス》新演出(フランス語版):5月13日(金)~5月19日(木)
⑧《トゥーランドット》:6月10日(金)~6月16日(木) ※東劇のみ6/23(木)までの2週上映
⑨《ランメルモールのルチア》新演出:7月1日(金)~7月7日(木)
⑩《ハムレット》MET初演:7月15日(金)~7月21日(木)

公式 HP:https://www.shochiku.co.jp/

©️ Ken Howard/Metropolitan Opera

観光局、宿泊施設などとの協賛企画、広告、スポンサーを随時募集しております。
雑誌、書籍などグルメと旅の企画執筆、旅程、宿、レストランなどのコンサルティングもお気軽にお問合せください。
問い合わせ先:agenceparis@groumet-traveller.com

Copyright © 2022 groumet-traveller,all Rights Reserved.
記事・写真などの無断転載は禁じられています。

Top