Gouret&Traveller
 

クルーズ予約は今がお得意! ノルウェージャンクルーズの5大特典、リージェント セブンシーズ クルーズの客室アップグレード

 

Norwegian Encore at sea

 ノルウェージャンクルーズラインは54年の歴史を持つクルーズ界のイノベーター。常に新機軸を打ち出しクルーズ業界に革命をもたらしてきた。好きな時に食事ができたり、さまざまなエンターテイメントが楽しめたり、フォーマル着用といったドレスコードがないなど、ひとりひとりのゲストが自由に旅をデザインできるスタイルは多くのリピーターを生んできた。世界中の人気のデスティネーション約300カ所を隈なく巡っており、一度経験するとまた違ったクルーズルートをまわりたくなる。

 

 

ノルウェージャンクルーズラインは優れたゲストサービスに加え、受賞歴に輝くエンターテイメントとダイニングオプション、さらには一人旅用ステートルーム、ミニスイート、スパスイート、そしてザ・ヘブンbyノルウェージャンと名付けられたラグジュアリースイート専用エリアなど、おひとりさまから家族、グループまで、豊富な選択肢で世界中からゲストを迎えている。

今、このノルウェージャンクルーズを予約すると、期間限定*新年特別企画として、最大US$2,900相当のTake 5特典が受けられるTake 5は、デスティネーションや客室カテゴリーにかかわらず、すべてのクルーズのすべてのクルーズにつの「フリーアットシー」オファーが適用されるものコンビネーションプロモーションとしてデポジット50割引とクルーズ料金30割引も併用化

 アジア太平洋地域対象実施のTake 5プロモーション無料特典は以下のとおり:

1. 飲み物パッケージ
シェイカーズマティーニバーでカクテル、グレートアウトドアーズバーで夕日を眺めながらマルガリータ、ザ・ディストリクトブリューハウス50種類以上のボトルビールから好きなものを選んだりと最大22か所バーやラウンジが無料。
2. 寄港地観光クレジット
アラスカの荒涼とした大自然からアジアの古刹や伝統までたくさんの選択肢があるイマーシブな寄港地観光必ずお気に入りの場所が見つけられる。
3. スペシャリティダイニングパッケージ
NCLの全クルーズ船で合計すると40以上のレストラン、バー、ラウンジのラインナップ。オンダ・バイ・スカルペッタは古き良き時代のイタリア料理を新感覚でアレンジロスロボスではモダンなアレンジを加えた伝統的メキシコ料理モデルノではじっくりとローストした本格的ブラジルの肉料理など、船から一歩も外に出ることなく世界味覚の旅に。
4. WiFiパッケージ:
 無料WiFiパッケージであれば楽しい旅の記録を自宅にいる家族や友人とシェア。船内どこでもつながる。
5. 3人目と4人目のクルーズ料金割引(特定クルーズで)
次回のクルーズは家族全員で。特定クルーズ対象に3人目と4人目の料金割引になる。

 

ノルウェージャンクルーズラインの最新情はこちらwww.ncl.com/jp/ja/

 

 

 

24970E95-91CC-4F0E-B43D-F56C15A2B53F

さらに、ノルウェージャンクルーズラインホールディングスのなかでも世界トップクラスのラグジュアリークルーズライン、リージェント セブンシーズ クルーズは「アップグレード・ユア・ホライズンズキャンペーン」を行なっており、3月1日までの間に予約すると、ペントハウススイートまでを上限に客室が2カテゴリーアップグレードされる

 コンシェルジュスイートにアップグレードとなった場合は、乗船前夜ホテル1泊が無料で利用でき、ペントハウススイートにアップグレードの場合は、パーソナルバトラーなどの追加サービスやアメニティがついてくる。

 

アジアからのゲストでデラックスウィンドウからペントハウスまでのスイートを利用の場合、グランドボヤージュとワールドクルーズを除き、デポジット50%割引の特典もある。

 

今回のキャンペーンでは、どのデスティネーションでも、適用されるスイート2カテゴリー無料アップグレードにより、スイート内サービスも2ランクアップされる。

 

さらに、出発日の15日前まで理由にかかわらず、キャンセルが可能で、100%のフューチャークルーズクレジットを受け取ることができるので、この機会に予約してみよう。そして、リアルな旅ができるまでは、妄想クルーズを楽しもう。

 

地球上のどこでも贅沢体験がアップグレード

 

「アップグレード・ユア・ホライズンズ」により、どの船、どのクルーズ、どの目的地でも、より充実したラグジュアリーな客室サービスを満喫できる。詳細は、リージェント セブンシーズ クルーズのクルーズコレクションへ。

https://jp.rssc.com/

 

 

355386BB-B498-4994-863D-C0D9D2405905

毎日補充されるスイートルームのミニバー、多彩なエンターテインメント、無制限のインターネットアクセス、バレットランドリー、チップ、地上送迎といったリージェントならではの無料サービスが魅力的だ。

寄港地では、無料の地上ツアーに好きなだけ参加し、スペシャリティレストランでの洗練された食事や高級ワインを堪能する。オプションのリージェントチョイス寄港地ツアー、小グループツアー、ゴーローカルツアー、グルメエクスプローラーツアー、ウェルネスツアーなど充実度も高い。

 

人気のクルーズルート

アラスカ

アラスカの氷河と栄光

セブンシーズ マリナー            バンクーバーからスワード           2022年5月18日発、7泊

 

雄大なハバード氷河やインサイドパッセージの緑豊かな森などの探訪に加え、多くの野生動物との出会いも。無料寄港地観光はアラスカ州ケチカンのダンジネスクラブ、ムール貝、エビなどのシーフード料理を堪能できるツアーから、アラスカ州スキャグウェイの雨林を自転車でめぐるものなど、最大58コース。

 

アジア

アジアの文化と味

セブンシーズ エクスプローラー        バリからバンコク               2022年2月4日発、14泊

 

マレーシア、シンガポール、ベトナムで東南アジアを代表する魅力的な都市を訪問。インドネシアのバリでクルーズ前無料3泊ランドプログラム、またはタイのバンコクでクルーズ後無料3泊ランドプログラムもついている。

最大41コースの無料寄港地観光はシンガポールの国民的ビールメーカー・タイガービールの工場見学、ベトナムはホーチミンのクチトンネル探検など。

 

オーストラリアとニュージーランド

カンガルー、コアラ&ドラゴン

セブンシーズ エクスプローラー        シドニーからバリ               2022年1月19日発、16泊

 

セブンシーズ エクスプローラー初就航シーズンクルーズの一部。ニュージーランドへの寄港も含まれている。オーストラリアのシドニーを出てインドネシアのバリ島に至るクルーズのハイライトは、オーストラリアで標高1400フィートのムールーラバでワインとチーズを味わったり、インドネシアでのコモドドラゴン探し。

 

地中海

ギリシャとトルコの魅力

セブンシーズ エクスプローラー        アテネからエルサレム             2022年5月24日発、12泊

 

トルコのイスタンブールとイスラエルのエルサレムでのオーバーナイトステイが含まれているなど、ラグジュアリートラベラーに特に人気。アイテナリーには終日航海の日がなく、毎日どこかの港に停泊しながら地中海東部の4か国を訪れる。古代の歴史と文化に触れる無料寄港地観光は最大73コース。キプロスのリマソールからはニコシアのキプロス考古学博物館に。イスラエルのアシュドッドやハイファ周辺にはベツレヘムやナザレなど数え切れないほどの聖地がある。

 

北ヨーロッパ

サンクトペテルブルクの見どころ

セブンシーズ スプレンダー          ストックホルムからストックホルム       2022年8月26日発、10泊

 

「西洋の窓」として知られ、独特の文化と興味深い歴史から常にラグジュアリートラベラーの憧れの的であるロシアのサンクトペテルブルクに2泊停泊。スウェーデン、フィンランド、エストニア、ラトビア、リトアニア、ポーランドも訪れる。無料寄港地観光はサンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館やファベルジェ美術館、スウェーデンでは自転車でめぐる中世都市ヴィスビューなど最大48コース。

 

カナダとニューイングランド

初秋の輝き

セブンシーズ ナビゲーター          ニューヨークからモントリオール        2022年9月9日発、11泊

 

秋のカナダとアメリカのニューイングランドで色とりどりの紅葉を楽しむ。アメリカ・マサチューセッツ州ボストンでハーバード大学構内を散策したり、カナダ・ノバスコシア州シドニーでファッジ作りを体験するなど、最大70コースの無料寄港地観光。

 

カリブ海

カリブ海:東から西まで

セブンシーズ スプレンダー          マイアミからマイアミ             2022年1月13日発、21泊

 

2020年初頭に完成した究極の豪華客船セブンシーズ スプレンダーで出航。東カリブではセントルシア島のカストリーズ、西カリブではグアテマラのサント トマス カスティージャに。その他バハマのグレートスターラップケイ、ベリーズのハーベストケイなど、カリブ海の14港に寄港。146コースの無料寄港地観光ツアーにはドミニカのロゾーでの雨林ヨガやメキシコのコスメルでのジャングル四輪バギーアドベンチャーも。

 

アフリカ

ワイン、砂丘、野生動物

セブンシーズ ボイジャー           ケープタウンからケープタウン         2022年12月6日発、15泊

 

アフリカの野性味あふれる大地を背景に南アフリカ、ナミビア、モザンビークを訪れるクルーズは、乗船前または後に3泊の無料ランドツアーも。ナミビアのウォルビスベイでは壮大なナミブ砂漠に。南アフリカのダーバンでは千の丘の谷でズールー族の生活様式に。最大20コースの無料寄港地観光。

 

南アメリカ

ブラジルのビーチとジャングル

セブンシーズ ボイジャー           ブエノスアイレスからマイアミ         2022年2月19日発、31泊

 

ウルグアイのモンテビデオでオーバーナイトステイ。ブラジルでは15港に寄港しながら7泊をかけてアマゾン川の探訪。カリブ海ではマルティニークのフォール フランスとセントバーツ島のグスタビアに。ブエノスアイレスでの出港前3泊無料ランドプログラムに加え、クルーズ中は54コースの無料寄港地観光に好きなだけ参加も。リオデジャネイロのオーバーナイトステイでは、この町を象徴するシュガーローフマウンテンの頂上までケーブルカーで行くことができます。マナウスではアマゾン川に生息するワニ・カイマンに遭遇のチャンスも。

   

 

新着情報

9D56459A-D8B4-439A-84CF-62D51F786508
奇跡のコンサートを追うドキュメンタリー「甦る三大テノール 永遠の歌声」
4521A19F-6696-4807-9020-CE3A1A4053A9
セブンシーズ スプレンダーの「リージェントスイート」にステイ、夢のゴージャス旅を
E3FCE84C-667A-48F2-9988-7396B894F240
日本の素材を使い、北欧のテイストを融合したイノベイティブフレンチ「スブリム」
7E100DDD-8612-4D80-B016-EC8BBB194777
外出できない今、「帝国ホテル」で少し贅沢なお籠りをしてみませんか?
9F377661-6F16-449C-8B80-D2321A733658
森脇慶子の偏愛ニューオープン⑦「すし家祥太」本格派の江戸前鮨をリーズナブルに
17759156-1319-498C-B70A-751AD50EF734
サンカラ ホテル&スパで屋久島の魅力を満喫する優雅な旅vol.3
3F65ABEE-42F2-4B93-AF24-8D04A053D557
サンカラホテル&スパで屋久島の魅力を満喫する優雅な旅vol.2
F420E291-5973-45C2-B533-34E425AD098D
サンカラホテル&スパで屋久島の魅力を満喫する優雅な旅vol.1
A1E6C61D-2A69-42A7-BFA5-F16C7861FE65
「お菓子やうっちー」柔軟な発想でほかにどこにもない味のケーキが生まれる
9BFDFFF5-8466-4962-9656-F90A53BB8EBF
「母との約束、250通の手紙」母息子の絆を描くフランス文豪ロマン・ガリの自伝
40A2EAF3-7C97-4632-880F-25DD604F6346
「星野リゾート 界」冬に行きたい美食の温泉旅5選
ECF10ADC-E958-4301-BDED-2A886224BDB8
「男と女 人生最良の日々」不朽の名作53年目の続編、二人の愛の行く末は?
63C6F7AF-4F70-433B-91DE-3841FF9484EF
森脇慶子の偏愛ニューオープン⑥香り高い中華「慈華」
8416999E-10FF-4114-AF8C-50BA14852D47
“出会い”をテーマに開催、126ブランドが一堂に会する「サロン・ドュ・ショコラ」
410A533D-B51C-41CA-B9B8-0EE7CCA623CA
「私の知らないわたしの素顔」ヒッチコック的サイコサスペンス
6A6BC94C-FD1D-4BE2-BF6F-65CCC45344BC
パリひとり散歩vol.6 フランス革命とランシエンヌ・コメディ通り
0252F621-6AE8-4995-9DEE-6C20586C63C6
パリ・カフェ散歩 「プティ・パレ」美術館に併設された異国情緒あふれる庭園でひと休み
0E37CBE6-6708-4D0E-9E9B-AD9425BCCEC5
「ザ ストリングス 表参道」 憧れのバービーに囲まれたピンクの空間でイチゴづくし
IMG_9245
ジビエと洋食を同時に楽しめるプレミアムビストロ「レグリス」
CD42AA73-C701-406D-891E-12BBD827BDFF
この冬、リュクスなホテルでグルメ・エクスペリエンスを!
463C80D9-AA43-4663-A35A-BF51246DD71A
「ル・ショコラ・アラン・デュカス」渋谷スクランブルスクエアにオープン 
img_0392.jpg
大人気! ニューオータニ「あまおうスイーツ&サンドウィッチビュッフェ」
IMG_9159
イタリアで星を獲得した実力シェフが腕をふるう「リストランテ センソ」
IMG_9073
スペイン料理の老舗「ホセ・ルイス」渋谷スクランブルスクエアにオープン
0ADEABB2-EAA5-4B3A-8562-1841FDC3802E
ホリディシーズンの特別プランでクリスマスを過ごしたいホテル5選
A0AD6BA7-1590-40BB-8D64-DC0EFA8F1A68
「大浮世絵展 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の共演」開幕
C6DB95DD-D1A2-4E10-92EF-6CCB8A0B7FBC
パリひとり散歩vol.5 サン=ジェルマンのシックなジャコブ通り
3A66EEA8-1EA0-4913-AADF-A07D778A19E9
アートに囲まれて楽しむイノベーティブなイタリア料理「イル・テアトリーノ・ダ・サローネ」

METライブビューイング、「トゥーランド」で幕開け。ヤニック・ネゼ=セガン、プレミアに登場
F3728390-013C-47A3-8E4E-066884FF6F6F
グランド・キュイジーヌ、フィリップ・ミルの白トリュフ料理とボランジェのマリアージュ

プーケット開業15周年の「トリサラ」、リゾートクレジットをプレゼント
3F4C86A7-211C-43F9-8DB8-000B0F3A4C51
「リージェント セブンシーズ」寄港地にインスパイアされたウェルネスメニューで贅沢な船旅
IMG_6325
金閣寺から徒歩圏内に、ファン待望の究極の隠れ家、「アマン京都」が誕生
tadaima_main
「人生、ただいま修行中」温かいまなざしで語られるパリ郊外の看護学校ドキュメント

石戸谷結子の世界オペラ散歩23 ザルツブルク音楽祭「メデ」「アルチーナ」「天国と地獄」レビュー
IMG_6184
パリから約1時間、シャンパーニュの首都エペルネーで、魅力のメゾン訪問
IMG_6191
「シックスセンシズ ホテル リゾート スパ」イスタンブールに ボスポラス海峡を望むリゾートがスタート
IMG_6114
アグリツーリズモで新しい旅のスタイルを体験しよう「星野リゾート リゾナーレ那須」
IMG_6159
「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」名門一族の世界屈指のコレクション
露天風呂
「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原」プライベート感を満喫できる大人の隠れ家
IMG_6103
華麗なるコレクション 「建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」
Vincent van Gogh, Landschap met korenveld
「ゴッホ展」初期作から晩年の代表作まで。作品の変遷がわかる約40点が集結

Didier Depond 237
ディディエ・ドゥポン社長、シャンパンラバー憧れの「サロン」の魅力を語る
IMG_6011
「英雄は嘘がお好き」令嬢と大尉の嘘つき合戦が生んだラブコメディ
IMG_5913
「チバソム・イン ターナショナル・ヘルスリゾート」新施設を導入しリニューアルオープン
8.《ヘア オーナメント》
1970年代以降の現代作品にフォーカスした世界初の展覧会「カルティエ、時の結晶」
IMG_5941
石戸谷結子の世界オペラ散歩22「神話」がテーマのザルツブルク音楽祭、人気は「イドメネオ」
IMG_0992
パリひとり散歩vol.4 デプレ シェルシュミディからドラゴン通り界隈へ
IMG_5892
オーシャニア クルーズの「ドン ペリニ ョンエクスペリエンス 」魅惑のシャンパン・マリアージュ
IMG_8627
絶品パティシエリレー④オーダーメイドケーキからパンまでそろう「パティスリー カメリア 銀座」
IMG_5849
「パリに見出されたピアニスト」数々の名曲に彩られるヒューマンドラマ
Nr 06
「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」世界各地から130点の作品がそろう日本オリジナルの個展
12.《サン=ピエール教会》
「オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」印象派を中心に名画が集結
Oakwood Suites Yokohama Three-Bedroom Apartment Living Room Rendering
サービスアパートメントのオークウッド、富裕層向けブランド「オークウッド スイーツ」を横浜、バンコクにオープン予定
IMG_8484
栃木県黒磯の人気ベーカリー、素材にこだわる極上パン「カネル ブレッド 」
1.エドゥアール・マネ《フォリー=ベルジェールのバー》
「コートールド美術館展 魅惑の印象派」マネ、 ルノワールらの傑作が一堂に会する
タラソプール
「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 賢島」アメリカの大自然から生まれた「CLAYD SPA」登場
サラダ・ヴェニス・ビーチ
ラデュレ初のビーガンメニューなど「スーパーヘルシー」コレクション登場
IMG_5625
モルディブのトレンドセッター、「アミラフシ」最先端のウエルネス「色光線セラピー」を導入
IMG_5607
「ザ・ムリア」バリ・ヌサドゥアの人気ホテルがワールドベストワンに輝く
 

Gourmet&Traveller

Gourmet&Traveller

Gourme&Travellerは、パリ、東京、京都をはじめ世界中で活躍するジャーナリストが、極上のグルメと旅の情報を発信するWEBマガジンです。

Gourmet&Traveller会員(無料)に登録していただくと、会員限定のイベントやプレゼントなどさまざまな特典をご用意しています。

会員登録

観光局、宿泊施設などとの協賛企画、広告、スポンサーを随時募集しております。
雑誌、書籍などグルメと旅の企画執筆、旅程、宿、レストランなどのコンサルティングもお気軽にお問合せください。
問い合わせ先:agenceparis@groumet-traveller.com

Copyright © 2021 groumet-traveller,all Rights Reserved.
記事・写真などの無断転載は禁じられています。

Top