「男と女 人生最良の日々」不朽の名作53年目の続編、二人の愛の行く末は?

カテゴリー/ PARIS |投稿者/ Gouret&Traveller
2020年01月24日

「男と女 人生最良の日々」1月31日TOHOシネマズ  シャンテほかにて公開

 

ECF10ADC-E958-4301-BDED-2A886224BDB8

フランス恋愛映画の最高傑作のひとつとして知られる「男と女(1966)」。当時まだ無名だった29歳のクロード・ルルーシュ監督が描いた不朽の名作だ。妻に自殺された男と夫を事故で亡くした女という重い過去を持つ二人のひとときの恋を描き、カンヌ国際映画祭で最高賞〝パルムドールを、そして米アカデミー賞®で最優秀外国語映画賞を受賞した。この「男と女」の53年後、同じ役者が同じ役を演じ、愛の奇跡を紡ぎ出す。

ビクトル・ユゴーの言葉「Les plus belles annéens d’une vie sont celles que l’on n’a pas encore vecues」(「人生最良の年はこの先に訪れる」)からとったというタイトル。20歳の時に出会い、以後、ルルーシュ監督は座右の銘としていたそうだ。

その原題にひそむフランス語の意味は、人生のもっとも美しい年月。それこそ66年版の短くも激しく燃えた恋である。命の終わりも近いかもしれない男の生涯のなかの輝かしい記憶。それは彼にとって単なる過去の出来事ではない。

 

 

 

44E38361-4E9D-45F0-86B2-41511540BCF0

ジャン=ルイ・トランティニャンとアヌーク・エーメがあらためて挑む役、ジャン=ルイとアンヌ。この映画の話を聞いたとき、二人とも「なぜ、今なのか?」と思ったそうだ。映画のできあがりを見て気に入らなければルルーシュ監督は、公開しないとさえ約束した。

半世紀というその長い年月を経てなお、ジャン=ルイはアンヌを愛した日々が忘れられない。いまは、老人ホームで暮らすジャン=ルイの息子アントワーヌが、父が忘れられないアンヌとの再会を実現させる。

大写しになったジャン=ルイの表情は、はるかな時の流れを感じさせた。もはや記憶を失いかけている。過ぎていく時と戯れるジャン=ルイ。ジャン=ルイは、あの美しい時代にいまも生きている。アンヌのアヌーク・エーメは奇跡の美しさを保ち、ジャン=ルイに会いにくる。

 

 

 

D62BE2EE-A3E9-44B3-89EB-4D59D7CC962A

ときおり挟み込まれる66年版の映像は、ジャン=ルイの心のうちをあらわす。それはあの頃なのか、今現在なのか? そしてこれからなのか? 

2018年に亡くなったフランシス・レイの誰もが知るあの名曲も切なく流れる。場所は、二人が逢瀬を重ねたフランス・ノルマンディのドーヴィル。あのころと変わらない北のリゾート地。グレイの海が二人の心の揺れを映し出す。

ジャン=ルイと再会したアンヌは、2人の物語をまたあの場所から始めることできるのか

「ユゴーの言葉が、私の人生を導いてくれた。この言葉をタイトルにできたことを嬉しく思う」と語るルルーシュ監督は、過去より今を愛すると断言する。スクリーンの映像はあの頃と現在を行き来する。ジャン=ルイとアンヌにとっても再会した今が一番愛おしい時間なのだ。

 

 

 

「男と女 人生最良の日々」1月31日TOHOシネマズ  シャンテほかにて公開

監督:クロード・ルルーシュ 出演:アヌーク・エーメ、ジャン=ルイ・トランティニャン、スアド・アミドゥ、アントワーヌ・シレ、モニカ・ベルッチ音楽:カロジェロ、フランシス・レイ

http://otokotoonna.jp/

C2019 – Davis Films – Les Films 13

観光局、宿泊施設などとの協賛企画、広告、スポンサーを随時募集しております。
雑誌、書籍などグルメと旅の企画執筆、旅程、宿、レストランなどのコンサルティングもお気軽にお問合せください。
問い合わせ先:agenceparis@groumet-traveller.com

Copyright © 2020 groumet-traveller,all Rights Reserved.
記事・写真などの無断転載は禁じられています。

Top