パリのロマンチック・ステイ 一度は泊まりたい贅沢ホテル5選

カテゴリー/ PARIS |投稿者/ Gouret&Traveller
2018年06月04日

ホテル・ルテシア
Hotel Lutetia 
Hi_LW0650_88876063_verriere_depot_PC_High_Res

パリの左岸サン・ジェルマン・デ ・プレ唯一のラグジュアリーホテル。洗練されたデパート、ボンマルシェにも至近で、パリの歴史上もっとも有名な左岸のホテルとして知られています。パリジャンらしさに溢れるライフスタイルを楽しめるアール・デコ調の壮麗なホテルは、アール・ヌーヴォーから新しいスタイルのアール・デコの様式へと移行し、パリの歴史においても重要な意味を持ちます。当時の建築家であるレオン・ビネを受け継いだポール・ベルモンド(俳優ジャン=ポール・ベルモンドの父)は、ホテルのファサードをアール・ヌーヴォー様式に施し、大胆な花のディテールにブドウのつると房を組み合わせた枝状の描写で飾り立てるようにしました。それから時を経て、著名な建築家のジャン=ミシェル・ヴィルモットが4年の歳月をかけ修復と改装を終え、この6月にリニューアルオープンしました。

 

 

Hi_LW0650_92821150_Chambre_2-3Hi_LW0650_92821131_Chambre_2-1

1910年にこのホテルを創業したのは、ボン・マルシェを創業したブシコー家。100 年以上にわたりサン・ジェルマンのシンボルです。リノベーションで従来よりそれぞれの部屋は広くなり、至宝ともいえるペントハウスの専用のテラス付からは、街並みを360度見渡すことができます。全面的な改修工事を経て生まれ変わり、新たなパリのアイコン的存在となりました。

 

 

Hi_LW0650_88645005_0.20_BORGHESE02_2017-06-13

ホテル・ルテシアは、美食に関しても新しい顔をのぞかせます。由緒あるグランドフロアには、選すぐりのレストランやバー、ラウンジが配置され、ミシュランの3 つ星を獲得したジェラルド・パセダが指揮を執るフランス料理レストラン「ルテシア・ブラッスリー」も再オープンしました。この伝説のホテルのキッチンにパセダ自らの経験を持ち込み、そのグルメの歴史に新たな1 ページを刻むことでしょう。1910年のフレスコ画を復元した「バー ・アリスティッド」、壮麗なガラス天井の「サロン ・サンジェルマン」、そして朝食レストラン「ロランジェリー」も、このホテルの魅力です。

また、700 平方メートルの広さを有する「アカシャ・ホリスティック・ウェルビーイング・センター」がオープンしました。6 つのトリートメントルームでは、多彩な最先端のトリートメントやマッサージを受けることができるほか、サウナやスチームルーム、プランジプール、インフィニティエッジ・ジャクージ、最新の機器を備えた広いフィットネスルームを利用できます。パリ市内では珍しい自然光の射し込む17 メートルのプールが完備されています。

 

Hotel Lutetia
Superior Room 693 EUR~
45 Boulevard Raspail, 75006, Paris, France
シャルル ド ゴール国際空港(CDG)から27km、オルリー国際空港(ORY)から14km、パリ北駅から5.4km
www.LHW.com/lutetiaparis

 

 

 

フォション  ロテル–パリ
Fauchon L’Hôtel – Paris

90787643-H1-Fauchon-L-Hotel-Lobby91406699-H1-44FAUCHON-TRI17111951 90787616-H1-Fauchon-L-Hotel-30890787634-H1-Fauchon-L-Hotel-309

【2018年9月1日オープン予定】フランスの上質でグルメな体験が楽しめる、フォションが初めて手がけたホテル。ブランドカラーのマゼンタが上品に使われた客室で、最上級のルームサービスなどを楽しむことができます。大胆でありながらエレガントなインテリアが魅力です。

明るく開放的な雰囲気が漂う館内には、多彩なスタイルやショッキングピンクのアクセントで彩られ、洗練されたゲストにふさわしい空間となっています。美食ブランドとしての歴史をベースに最高のグルメスポットとして高い評価を受けているこのホテルは、自分だけのオリジナルなパリ体験を求めるゲストのための客室やスイートが用意されています。歴史的にも有名なオスマン期に建てられたビル(フォションが1886年に創業した当初の本社)の中にあり、内装はアフィン・デザイン社の共同設立者、リチャード・マルティネットによって細部にまでこだわって設計されています。才能豊かな職人と新進気鋭の若手アーティストの手により生まれた、エレガントでキュートなこのホテルには、随所にフランス人が追求する「アールドヴィーヴル」の粋を感じることができます。

 

 

90787652-H1-Fauchon-L-Hotel-Jardin-des-Th_s-1

料理はこのホテルの誇るポイント。1階は飲食専用フロアとなっており、フォションならではの食事を満喫できます。また、客室内のミニバーにはフォションの料理やペストリーが用意されているほか、客室にてシェフがゲストの好みに合わせて絶品料理を作ってくれるサービスもあります。フォション・ロテルは、ガルニエ宮のオペラ座や百貨店、シャンゼリゼ通り、コンコルド広場まで歩いてすぐ。パリの見どころを満喫できる素晴らしいロケーションにあり、パリでのひとときを思う存分楽しむことができます。

 

Fauchon L’Hôtel – Paris
Classic Room  451EUR~
11 Place de la Madeleine, 75008 Paris, France
シャルル ド ゴール国際空港(CDG)から25km、オルリー国際空港(ORY)から25km、サン ラザール駅から0.7km
www.LHW.com/fauchonlhotelparis

 

 

 

 

ラ・レゼルヴ・パリ・ホテル・アンド・スパ
La Réserve Paris Hotel and Spa

64557281-H1-_G8H5756

パラス称号をもつラグジュアリーホテル。ホテルというよりむしろ日本の高級旅館を思わせるレジデンス風隠れ家です。全室40部屋にはフランスには珍しい日本のウォッシュレットも完備され設備は最先端を誇ります。シャンゼリゼ側の部屋からはエッフェル塔も望め、パリらしいステイを満喫できます。

 

75907824-H1-La-Reserve-Paris-Bibliotheque-Duc-de-Morny-286851200-H1-La-Reserve-Paris-Suite-504-Dining-Lounge-264557099-H1-_G8H5927

シャンゼリゼ通りとフォーブル・サントノレ通りに挟まれたガブリエル通りに、デザイナーのピエール・カルダンの館をリノベートした歴史的建造物はひっそり佇んでいます。パリのセンターに位置し、グラン・パレ、エッフェル塔、パンテオン、コンコルド広場のオベリスクといった絶景を一望することができます。会員制クラブのような密やかな雰囲気を漂わせながら、ジャック・ガルシアが手がけた現代的かつ時代を超越したインテリアは、上品であたたかい雰囲気が生み出されています。一人ひとりに対して行われるサービスはおもてなしの心にあふれ、洗練されたものです。

 

 

67647136-H1-Restaurant-Le-Gabriel-La-Reserve-Paris-2

特筆すべきは、オープン直後すぐにミシュランの2つ星に輝いたレストラン、ル・ガブリエル(Le Gabriel)。ランブロワジーでベルナール・パコの右腕として長年活躍し、ルカ・カルトンでアラン・サンドランスのシェフも務めた、実力派、ジェローム・バンクテルが腕をふるい、美しきテーブルアートとエレガントなサービスに囲まれて、目にも麗しい美食のコースが楽しめます。

La Réserve Paris Hotel and Spa
Prestige Room 1,100 EUR~
42 Avenue Gabriel, 75008 Paris, France
シャルル・ド・ゴール空港(CDG)から26km、パリ=オルリー空港(ORY)から17km
www.LHW.com/lareserveparis

 

 

 

リッツ・パリ
Ritz Paris

IMG_8890

シェフのオーギュスト・エスコフィエとホテリエのセザール・リッツ、伝説の2人の出会いは、1800年代後半。モンテカルロのグランドホテルで一緒に働くことになり、友人となった2人は、やがてラグジュアリーホスピタリティの師となりました。2人は共同でスイスとロンドンに複数のレストランをオープン。その後、最終的にフランスへ戻り、1898年にリッツ・パリを創業しました。

 

 

IMG_8889IMG_8891

建築家ティエリー・デスポンにより4年の歳月をかけたリノベーションが行われ、19世紀の元来の輝きを放つリッツ パリが2017年、復元されました。
パリを象徴する貴婦人のようなホテルは、インテリアを一新し、かつてのベルエポック調の壮観な姿をとりもどしました。最も輝かしいかつてのゲストにちなんで名付けられた歴史的なプレステージスイート(ココ・シャネル 、F・スコット・フィッツジェラルド、マルセル・プルースト)などの、贅沢なスイートや客室で歴史の流れを感じてください。豪奢で現代的な快適さのなかで、19世紀の絢爛さを味わうことができます。

 

 

IMG_8888

3つの新しいレストランと3つのバーはホテルのさらなる革新のひとつで、なかでも名高い「バー・ヘミングウェイ」はヘッドバーテンダーのコリン・フィールドが指揮をとっています。壮麗な庭園とテラスは、格納式の屋根と床暖房で通年楽しめます。

エコール・リッツ・エスコフィエは3つのデモンストレーションキッチンを備え、そして歴史的な「サロン・プルースト」では、薪をくべる優雅な暖炉の側でリッツ パリのアフタヌーンティー・ア・ラ・フランセーズ(フランス風午後のお茶)を楽しめます。

パリの街中で長い1日を過ごした後は、屋内プールやモダンなフィットネスセンターで自身の運動療法に合わせたエクササイズや、リッツ ・パリならではの「シャネル・オー・リッツ・パリ」のプライベートルームでシャネルのスキンケアトリートメントを堪能できます。プライバシーを重視するゲストのためには、地下のトンネルがあり、他人の目に触れずに出入りすることができます。

 

IMG_8887

エスコフィエは、リッツパリの210室のホテルのエグゼクティブシェフを務めるなかで、料理への先駆的なアプローチと、アラカルトダイニングを一般に紹介したことで、「シェフの王様と王様のシェフ」としての評判を不動のものとしました。1988年、このシェフを称えてエコール リッツ・エスコフィエ料理学校が創設されました。

現在、この学校では、ナイフスキル向上を目指すクラスやタルトタタンのレシピを極めるクラスなど、世界最高のシェフたちによる、レベルに応じたさまざまな料理教室を開講しています。宿泊客も参加できるので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

 

 

Ritz Paris
Superior Room 1,000 EUR~
15 Place Vendôme 75001 Paris, France
パリ=シャルル・ド・ゴール空港(CDG)から25km
パリ=オルリー空港(ORY)から23km
www.LHW.com/ritzparis

 

 

 

ル・ロワイヤル・モンソー – ラッフルズ・パリ
Le Royal Monceau – Raffles Paris

66645042-H1-Le_Royal_Monceau_Raffles_Paris_-_Fac_ade_662522111-H1-il_carpaccio_00008

パラスの称号をもつホテル – 館内を装飾するモダンアートや、クラランスのスパ、遠藤シェフ率いる「マツヒサパリ」をはじめとする至高のレストランなど、パリのラグジュアリーステイを堪能できるホテルです。

デザインはスタイリッシュなフィリップ・スタルク。このホテルならではのアートコンシェルジュが最新のアート関連情報を提供し、ゲストの要望に応える最適なアート探索プランを提案してもらえます。

 

 

60484728-H1-Le_Royal_Monceau_Raffles_Paris_-_Le_Bar_Long_559842178-H1-Le_Royal_Monceau_Raffles_Paris_-_Suite_Katara49018922-H1-Presidential_Suite_41_Le_Royal_Monceau_-_Raffles_Paris44851945-H1-SPA_4

「スパマイブランドbyクラランス」は、パリのラグジュアリーホテルで最大級のプール、フィットネスのプライベートコーチ、各種高級トリートメントやVIPルームなどを備え、究極の安らぎとリラクゼーションを満喫できます。

 

Le Royal Monceau – Raffles Paris
Studio Room 850 EUR~
37 Avenue Hoche, 75008 Paris, France
シャルル ドゴール国際空港(CDG)から30km
パリ オルリー国際空港(ORY)から25km
www.LHW.com/royalmonceauparis

観光局、宿泊施設などとの協賛企画、広告、スポンサーを随時募集しております。
雑誌、書籍などグルメと旅の企画執筆、旅程、宿、レストランなどのコンサルティングもお気軽にお問合せください。
問い合わせ先:agenceparis@groumet-traveller.com

Copyright © 2018 groumet-traveller,all Rights Reserved.
記事・写真などの無断転載は禁じられています。

Top