旬のスイーツリレー⑬誰にでも愛されるスイーツを生み出す「エクラデジュール」

カテゴリー/ GOURMET |投稿者/ Gouret&Traveller
2018年05月18日

連載「旬のスイーツリレー」13回目は、「アン ヴデット( En Vedet)の森大祐 (もり だいすけ) シェフ推薦、コンクールでも実績のある「エクラデジュール (Eclat des Jours) 」の中山洋平 (なかやま ようへい)シェフです。

 

エクラデジュール  Eclat des Jours

IMG_9215IMG_9223

東陽町駅から約5分、江東区役所手前の脇道にある静かな佇まいの店構え。シンプルながらオーナーのセンスでまとめられた洗練されたインテリアがオーラを放っている。オープン後すぐにスイーツファンが足繁く通う人気店となった「エクラデジュール」。ショーケースにぎっしり色とりどりのケーキ、ショーケースの上には焼きっぱなしのタルトや香ばしいパンがずらりと並ぶ様子は迫力満点だ。

店名の”エクラデジュール”は”きらめく日々”を意味する造語。”お客様の日常にきらめく瞬間を” をコンセプトに、常に飽きさせないショーケース作りを意識しているという。

 

 

 

 

IMG_9216

IMG_9217

ケーキは季節に応じて30種強、なるべくお客様が選べるように極力バラエティに富んだ多くの種類を揃えるようにしている。フランス菓子らしい濃くてしっかりとした味わいに、ジューシーでみずみずしいケーキ。日本人の口に合うバランスの良い、食べやすい菓子作りが信条。昔ながらのロールケーキやスポンジのショートケーキ、フランス菓子伝統のオペラや、ペーストたっぷりでズッシリとした重みのサクサクのタルトなど幅広い客層に向けた商品が並ぶ。
パンは基本的に2種類で、クロワッサンをベースにしたバリエーションのヴィエノワズリーを実家のパン屋を継いだ兄にヒントをもらって数種類オリジナルを考えた。バゲットは二つ星レストラン、ドミニク・ブシェに下ろして好評だ。

 

 

 

IMG_9218IMG_9213

ほかにも焼き菓子、コンフィチュール、チョコレートなど両脇の棚に行儀よく並び、中央のテーブルは、季節のイベントに合わせてメインの商品がディスプレイされる。いち推しの人気商品「エクラ・デ・マドレーヌ」をフィーチャーし、取材時には、近づく母の日仕様のパッケージも華やかな品々が置かれていた。さまざまなイベントに合わせて変わるディスプレイも楽しみだ。

 

 

 

 

IMG_9225

中山洋平シェフは、1979年東京生まれ。実家が砂町の人気のパン屋さん、「ナカヤ」だったので子供の頃からパン作りを手伝っていたが、嫌で嫌でしょうがなかったという。パン屋を継いだ兄、自分はお菓子の道に進もうと決意する。パンとお菓子で協力し合えるかと思いパティシエを志した。町場の洋菓子店で、接客からスタート。大きな組織に移って、コンクールにも挑戦したかったため、ホテル日航東京へ。もともと、考えることよりも、その時々の直感に頼ったほうが結果良いものが残せるタイプ。製菓製パン業界の国内最大イベントジャパンケーキショーでは、大型工芸部門、連合会会長賞を受賞(優勝)、ほか受賞歴多数という実績の持ち主だ。
その後、渡仏し、「パトリック・シュバロ」(オート・サヴォワ)「アルノー・デルモンテ」(パリ)で修行。1年半、ヴィエノワズリーのシェフを経験し、タルト部門の強化を頼まれた。ポジションを任されて商品開発も活発に行い、やりがいを感じた。帰国後、銀座の「銀座菓楽」、京橋の「ルエールサンク」のシェフパティシエを務め、2014年9月「エクラデジュール パティスリー」をオープン、オーナーシェフとして独立した。

 

 

 

 

IMG_9214

「近所のお菓子屋さん」、でいることの意義を感じ、その街々にあったカラーをお店に反映させることを重視する。もちろん「自分流」は必要だが、受け入れてもらうには そのカラーも踏まえた店づくり、お菓子づくりをすることが必須と考える。

フランス菓子をベースに、いわゆる日本的な洋菓子のショートケーキなども重要なラインナップのひとつ。洋菓子とパティスリーの間の店づくりを狙っている。地元のファンに「きらめく日々」を贈る店であるために、誰にでも愛されるスイーツを生み出し続ける。

 

 

 

ショートケーキ ヴェリンヌ  520円

IMG_9224
ガラスの器に入ったショートケーキ。洋菓子のスポンジケーキのショートケーキを今風にアレンジした。クリームもなめらかで、ふわふわスポンジとソースの酸味の相性抜群。イチゴのソースが多め、生クリームは緩めに入るジューシーでクリーミーな口当たりが新鮮。

 

 

 

 

トロピコ  520円

IMG_9228

夏向けのタルトでパッション、マンゴー、バナナにココナッツの組み合わせがトロピカルなイメージをかもし出す。ケーキはみずみずしく作るのが信条。とろとろの口どけの良いクリームに、中にはフレッシュの果肉がごろごろ入り食感も楽しい。

 

 

 

 

オペラ  450円

IMG_9227

スペシャリテは伝統的なフランス菓子のチョコレートケーキ「オペラ」。コーヒー風味のシロップを染み込ませた薄い生地のあいだに、コーヒー風味のバタークリームとガナッシュを交互に薄く挟む。アーモンドパウダーの入った「ビスキュイ・ジョコンド」生地が、コクのある濃厚な味わい。ゆるめのバタークリームやガナッシュでジューシーで濃厚なハーモニーを奏でる。

 

 

 

IMG_9207

 

エクラデジュール   Eclat des Jours
東京都江東区東陽町4-8-21 TSK第2ビル 1F
03-6666-6151(予約可)
東京メトロ東西線 東陽町駅徒歩5分
10:00~20:00
水曜日休み (火曜日も月により休みあり)
http://www.eclatdesjours.jp/

 

旬のスイーツリレー⑯タント・マリー
旬のスイーツリレー⑮ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ
旬のスイーツリレー⑭オクシタニエル
旬のスイーツリレー⑬エクラデジュール
旬のスイーツリレー⑫アンヴデット
旬のスイーツリレー⑪アングラン
旬のスイーツリレー⑩リョウラ
旬のスイーツリレー⑨アシッドラシーヌ
旬のスイーツリレー⑧タンドレス
旬のスイーツリレー⑦デセールル コントワール
旬のスイーツリレー⑥パティスリーS
旬のスイーツリレー⑤リベルターブル
旬のスイーツリレー④グリーン ビーントゥ バー
旬のスイーツリレー③ エスキス サンク 
旬のスイーツリレー② ピエール・エルメ パリ 青山
旬のスイーツリレー① トシ・ヨロイヅカ 東京

観光局、宿泊施設などとの協賛企画、広告、スポンサーを随時募集しております。
雑誌、書籍などグルメと旅の企画執筆、旅程、宿、レストランなどのコンサルティングもお気軽にお問合せください。
問い合わせ先:agenceparis@groumet-traveller.com

Copyright © 2018 groumet-traveller,all Rights Reserved.
記事・写真などの無断転載は禁じられています。

Top